ウラジオストック2007年9月(4)
扇 千恵
「落葉」 ロシア映画社・配給 今回の映画祭では桃井かおりの第一回監督作品『無花果の顔』が最優秀監督賞と最優秀女優賞を獲得した。彼女は仕事で映画祭には参加できなかったが、日本から審査委員として参加された小栗康平氏にとっては嬉しい受賞であっただろう。私はこの作品を見ていないし、この受賞について日本では殆ど取り上げられなかったのではないかと思われるが、本映画祭の存在が年を追うに従って大きなものになっているのだから、もっと紹介されてもいいのではないかと考える。

 さて、今回の映画祭の目玉の一つはオタール・イオセリアーニ作品回顧展だった。開会式では彼も壇上で挨拶をした。日本でも最近『ここに幸あり』が上映されたが、1966年の『落葉』以来、彼の作品を愛しているファンはいまだに絶えないようだ。上映された作品数は『ここに幸あり』を含めた4作品で数は少ないが、彼がこうしてロシアに招かれて、作品が歓迎される様子を目の当たりにするのは、私にとっても嬉しい出来事だった。

「ここに幸あり」 ビターズエンド・配給 ここで彼の挨拶を紹介しておこう。

 「様々な人たちが何かを発見するために様々なキーを使うものですが、しかしひとりひとりはたったひとつのキーしか使いません。その人の本性、教育、知性によってそのキーは彼の中に埋め込まれているのです。そこで映画を作るときには、自分と同じキーを持っている人々とだけ話しあうことができるのです。彼らとだけしか話し合うことはできません。映画の力を借りて人に教訓を与えようとしてはなりません。自分と同じ考え方をする人を励ますことしかできません。この世に同じ考え方をする人がいると知って、その人は孤独な心が少し癒されるでしょう。彼がそのように感じることで映画作りの仕事が無駄ではなかった、と思えるのです。」

 いま、私はタルコフスキーの「映画製作講義録」を読んでいるのだが、イオセリアーニとタルコフスキーの映画に対するとらえ方はほぼ共通しているようだ。彼らが互いに評価しあい、尊敬しあっていたことがこの短い挨拶の中に見てとれるのである。
▲舞台上で挨拶するイオセリアーニ監督
前のページに戻る
ウラジオストック映画祭審査員を務めて…

特別寄稿[ソヴェート映画史 七つの時代]の出版記念パーティー
『ソヴェート映画史 七つの時代』著者の日本滞在記
モスクワ国際児童青少年映画祭レポート "鉄の女"と呼ばれた審査委員長

ほぼ毎日酔いどれ映画祭日記
ロシア映画社ホームページ電網店資料館映画祭追想録松本支局服部美術館西日本
Copyright (C) 2007-2008 Chie OOGI / RUSSIA EIGASHA

キノコとあそぶ ヘテロソフィア


 
ロシア映画ファンサイト  ロシア映画DVDコレクション  DVD「妖婆 死棺の呪い」を巡って
明治・大正期に日本で公開されたロシア映画  円は異なもの?! 西下外語教室
無声映画を革命する男 無声映画のピアニスト 舞台俳優・藤川修二の世界
ポイントサイトでがっちり稼ぐ! まだまだありますポイントサイト! 現金が当たる!プレゼント情報!!
あなたには強〜い味方がいます!就職・転職活動応援サイト  Get Love!!恋人募集から大人の出会いまで
 ◎注目のオークション  ネットショップ故知系  楽天市場 温故堂  bidders 温故堂  e−蛾羽娘? ン、ムッ!
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー