第7回 ウラジオストック映画祭便り 扇 千恵
 日本からの今年の審査員は監督の岩井俊二さん。数年前のモスクワ映画祭に『スワロウテイル』を出品された時にもお会いしていたので、思い出していただくためにご挨拶しておく。

『奇蹟』(2009年、ロシア、アレクサンドル・プロシュキン監督) さて、オープニングフィルムは『奇蹟』(2009年、ロシア、アレクサンドル・プロシュキン監督)という作品で、フルシチョフ時代の1956年にサマーラ県で実際に起きた事件「立ったままのゾーヤ」をもとにしている。
 祝日に文化の家(公共の文化施設)でフィアンセを待っていた娘のゾーヤはニコライ(奇蹟を起こす聖人)のイコンを壁から外し、そのイコンを手に持ったままダンスを始める。そして突然、凍りついたように動かなくなった彼女が、その場に立ったままの姿で180日を過ごしたという事件だ。
アレクサンドル・プロシュキン監督 この不可解な出来事を解明するために首都からジャーナリスト(人気俳優ハベンスキー演じる)が派遣されたり、フルシチョフその人がやってきたり、と大変な騒ぎになるが何も解明されない。また、地方の党幹部(人気俳優マコベツキー演じる)はこのような事件は社会主義ソ連において起こるべきではない、とヒステリックになるが、これもどうしようもない。
 この村には厳格な宗教者としての生活を送る神父と彼の家族が住んでいて、父の生き方に反発している息子が、やがて奇跡的にこの状況を元に戻すことになるのだが、私には映画化の意図がよく理解できなかった。ちなみに、この作品は31回モスクワ映画祭で審査員賞を受賞している。
『奇蹟』(2009年、ロシア、アレクサンドル・プロシュキン監督)
前のページに戻る
次のページに進む
ウラジオストック映画祭審査員を務めて…
ウラジオストック2007年9月
特別寄稿[ソヴェート映画史 七つの時代]の出版記念パーティー
『ソヴェート映画史 七つの時代』著者の日本滞在記
モスクワ国際児童青少年映画祭レポート "鉄の女"と呼ばれた審査委員長

ほぼ毎日酔いどれ映画祭日記
ロシア映画社ホームページ電網店資料館映画祭追想録松本支局服部美術館西日本
Copyright (C) 2009 Chie OOGI / RUSSIA EIGASHA

キノコとあそぶ ヘテロソフィア


 
ロシア映画ファンサイト  ロシア映画DVDコレクション  DVD「妖婆 死棺の呪い」を巡って  円は異なもの?!
 Ru-Tube服部画伯的動画  明治・大正期に日本で公開されたロシア映画  西下外語教室
無声映画を革命する男 無声映画のピアニスト 舞台俳優・藤川修二の世界
ポイントサイトでがっちり稼ぐ! まだまだありますポイントサイト! 現金が当たる!プレゼント情報!!
あなたには強〜い味方がいます!就職・転職活動応援サイト  Get Love!!恋人募集から大人の出会いまで
 ◎注目のオークション  ネットショップ故知系  楽天市場 温故堂  bidders 温故堂  e−蛾羽娘? ン、ムッ!
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー