『カット』(2004、ロイストン・タン監督)
 審査に手間取ったのは短編の方だった。最終審査に残った4本はどの作品も一定のレヴェルに達しているという点では誰にも異存がなかった。しかも、それぞれが個性的で比較するのが難しいという意味で、審査は錯綜を極めた。
 シンガポールの『カット』(2004、ロイストン・タン監督)をエドゥアルドが強く推してきた。シンガポール国内での映画検閲を皮肉ったパロディ・ミュージカル。28歳の監督タンは2003年作の『15』で40もの賞を獲得し、この『カット』もフランスのクレモント短編映画祭で受賞している。人なつこく闊達な青年で、上映会場では作品に出てくるウサギのぬいぐるみを身につけ、応援団もすごかった。
閉会式会場でぬいぐるみを身につけたロイストン・タン監督 しかし、私にとってこれはビデオクリップのようなものだった。監督の才能は認めるけれどこれはレクラマ(広告)だと主張した。中国のヤンも私の意見に賛成してくれた。審査委員長もこの作品なら2時間で作れるだろうと言った。
 しかし、エドゥアルドは執拗だった。大切なのは「映画のセンス」であると言い、審査の基準についてしゃべり続けた。審査対象となった他の作品、メキシコの『中国からの船』(2004、パトリシア・ジョーダン監督)、ニュージーランドの『クローサー』(2004、ダヴィド・リテイ監督)、日本の『貝ノ耳』(2004、杉田愉監督)については、センチメンタルであるとか、よくあるテーマ設定であるとか、文学であって映画ではないと反論した。
 討議は3時間を越えた。最終結論を出さねばならなかった。投票で決めることになった。3対2で『カット』に短編のグランプリが決まった。元数学者の攻めに敗北した私は不満だったが、審査の過程は大変興味深いものだったので、その点では得がたい経験をしたと思っている。

 審査の結果は次の通りである。

グランプリ・・・『サンチャゴの日々』
短編最優秀賞・・・『カット』
最優秀監督賞・・・『遠ざけられた接近』(2004、ロシア、スヴェトラーナ・プロスクーリナ監督)
最優秀男優賞・・・『マウンテン・パトロール』男優陣
最優秀女優賞・・・『遠ざけられた接近』ダナ・アギーショヴァ、エレーナ・ルファーノヴァ
特別審査委員賞・・・『マウンテン・パトロール』
映画祭特別賞・・・『ヴィタール』(2004、日本、塚本しん也監督)
クロージング 受賞式
前のページに戻る
-->現地の新聞に掲載された記事
次のページに進む

ウラジオストック2007年9月 扇 千恵
特別寄稿[ソヴェート映画史 七つの時代]の出版記念パーティー
『ソヴェート映画史 七つの時代』著者の日本滞在記
モスクワ国際児童青少年映画祭レポート "鉄の女"と呼ばれた審査委員長

ほぼ毎日酔いどれ映画祭日記
ロシア映画社ホームページ電網店資料館映画祭日記松本支局服部美術館西日本
Copyright (C) 2005 Chie OOGI / RUSSIA EIGASHA

ヘテロソフィア映画 「これぞ究極のキノコ映画」


 
ロシア映画ファンサイト  ロシア映画DVDコレクション  DVD「妖婆 死棺の呪い」を巡って
明治・大正期に日本で公開されたロシア映画  円は異なもの?! 西下外語教室
無声映画を革命する男 無声映画のピアニスト 舞台俳優・藤川修二の世界
ポイントサイトでがっちり稼ぐ! まだまだありますポイントサイト! 現金が当たる!プレゼント情報!!
あなたには強〜い味方がいます!就職・転職活動応援サイト  Get Love!!恋人募集から大人の出会いまで
 ◎注目のオークション  ネットショップ故知系  楽天市場 温故堂  bidders 温故堂  e−蛾羽娘? ン、ムッ!
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー