ニキータ・ミハルコフ監督は

 監督としてのきらめくような俊才、
役者としての華麗な活躍、それに劣ら
ないシナリオライターとしての精力的
活動で、ソビエト映画界でいま最も衆
目を浴びている監督の一人。
 1945年生れで、モスクワのワフ
タンゴフ劇場附属演劇学校在学中に
「モスクワを歩く」(64)で役者として
の人気を得たが、長篇監督第一作「他人
の中の同志、同志の中の他人」(74)で
その才気換発な演出ぶりが国際的にも
知られることとなり、以後、最新作「善
かれ悪しかれ」(82)まで、卒業製作を
含め七本を監督、いずれの作品も公開
されるや、大きな反響を呼び、各地の
国際映画祭でも受賞してきた。
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー