みずみずしい感性で描かれた「愛の奴隷」

 「愛の奴隷」はミハルコフ監督31才の
作品で、アメリカやヨーロッパでも公
開され、その"幻惑的"な美しさと監
督としての高い手腕を各地で絶讃され
た。1918年、南露の黒海沿岸の、
無声映画のロケ地を舞台に繰り広げら
れる、女優とカメラマンの悲恋の物語
である。
 この映画が本格的な出世作となった
エレーナ・ソロヴェイとモスフィルム
のニュー・ウェーブを担う監督の一人ロ
ジオン・ナハペトフの共演、パーヴェ
ル・レベシェフのカメラ、アレクサン
ドル・アダバシャンの美術ほか、この
作品でその後の"ミハルコフ組"がほ
ぼ顔を揃える。
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー