●解説
ニキータ・ミハルコフ監督は一九四五年生
れ、俳優としてはハンサムで魅力的なスタイ
ルを早くから知られてはいたが、監督作品も
最新作「オブローモフ」を含めてすでに6本、
殆んどが海外の映画祭で受賞するなど、話題
を集めてきた。兄のアンドレイ・ミハルコフ
=コンチャロフスキー(「貴族の巣」「ワーニ
ャ伯父さん」ほか)やタルコフスキー(「惑星
ソラリス」「鏡」ほか--らの戦後派に続く、モ
スフィルムのニュー・ウェーブを担う一人で
ある。
「機械じかけのピアノのための末完成の戯
曲」はチェーホフ大学時代の戯曲「プラトー
ノフ」に、「地主屋敷で」「文学教師」「三年」
「わが人生」などの短篇のモチーフを加えて映
画化したもの。世紀未の崩れつつある貴族の
田園生活とロシヤ・インテリゲンチャをおお
う退廃的気分を、今日的感覚にあふれるユー
モアと諧謔に包んで描きあげた見事な演出力
は、完成当時32才のこの若手監督の名を国際
的にした。第25回サン・セバスチャン映画祭
"金の貝殻"賞受賞作である。
主演のアレクサンドル・カリャーギン、ユ
ーリー・ボガトイリョフらのモスクワ芸術座
の若手男優陣、「戦争と平和」「チャイコフス
キー」でおなじみのレニングラードの名舞台女
優アントニーナ・シュラーノワ、そのほかい
ずれも舞台の名優が顔を揃えての俳優アンサ
ンブルの素晴らしさも、この映画の話題の一
つ。ミハルコフ監督に抜擢されてサーシャを
演じたエヴゲーニヤ・グルーシェンコはモス
クワのマールイ劇場所属、映画は初出演だが、
お人好しで善良な妻を見事に好演している。
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー