●物語
前世紀末のロシア。木の葉がくれに館のバ
ルコニーが映える美しい田園風景……。ある
暑い夏の日の昼下り、その木立ごしに戯れ興
ずる人々の声が聞こえてくる。
ヴォイニーツェフ将軍の未亡人アンナ・ペ
トローヴナの館に、近隣の地主や、退役大佐
トリレツキー、その息子で医者のニコライ・
トリレツキー、妻を連れた小学校教師プラト
ーノフらが、将軍の先妻の息子セルゲイの新
妻にひと目会うのを口実に、まるで長い冬眠
から覚めたかのように久方ぶりに寄り集って
いる。そしてアンナはまた、ここらでは珍
しい高価な自動ピアノで皆を驚かそうと云う
魂胆である。
ところでセルゲイの新妻ソフィヤこそ、プ
ラトーノフの初恋の女性だった。思いがけな
い再会に、静かで平穏な日々を送っていたプ
ラトーノフの心が揺れ動く。その胸の動揺を
見られまいと、自ら道化役を演じて見せるプ
ラトーノフ。
やがて宵闇をついて上る花火が水面に映え、
なすこともなく、ただ乱痴気騒ぎを繰り返し
ている人々のさんざめきのなか、水辺で抱き
あうプラトーノフとソフィヤ。だが二人にと
って、もはや時の流れは呼びもどしようがな
い。二人の語らいはついにかみ合うこともな
く、スキャンダラスな騒ぎとなる………。
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー