スタッフ キャスト スタジオ 解説 ストーリー 諸元 スチール ポスター/チラシ

ローラーとバイオリン
КАТОК И СКРИПКА
The Steamroller and the Violin

[かいせつ]
1961年ニューヨーク国際学生映画コンクール1位

 映画大学監督科の卒業製作として演出したタルコフスキーの監督処女作。映画大学の同窓で共同脚本を務めたアンドレイ・ミハルコフ=コンチャロフスキーと同様にアルベール・ラモリスの「赤い風船」に触発されて作ったという。
 音楽学校に通う少年とローラーで整地作業をしている青年労働者との友情を描いたこの映画は、その後のタルコフスキー作品に顕著な、人生や芸術、友情や愛についての深い思索と繊細な感性をうかがわせるとともに、日常の情景を主題にしたこの短篇の中に数々見い出される瑞々しい映像感覚は、新しい映像作家の誕生を予感させるものがある。
 撮影はこの作品で一本立ちし、その後「僕の村は戦場だった」、「アンドレイ・ルブリョフ」、「惑星ソラリス」とタルコフスキー監督とのコンビで世界的な名作を生んでいるカメラマン、ワジーム・ユーソフ。

[あらすじ]
 詩が上手で夢想家の少年サーシャは、バイオリンを弾くのが得意だった。そしてたとえば、先生に"青い空"や"夏の雨"のメロディを弾いて聞かせるが、理解してもらえない。
 サーシャはある日、アパートの階段を両手にバイオリンを抱えて忍び足で歩いているところを、彼がバイオリンを習っているのをよく思っていない少年たちに取り巻かれて脅かされる。が、運よくローラーを引いて整地作業をしていた青年セルゲイに助けられる。サーシャはセルゲイと仲よくなり、彼を通じて労働の意味や人間としての自覚を教えられる。セルゲイもまたサーシャのバイオリンを通して、音楽が美しく、感動的なものであることを学んだ。
 ところが、二人が連れだって映画「チャパーエフ」を観に行こうとするのを、サーシャが労働者とつき合うことを喜ばしく思っていなかった母親が反対したのだ……。

[スタジオ/製作年] モスフィルム・1960年製作

[スタッフ]
製作:A・カレーチン
脚本:A・ミハルコフ=コンチャロフスキー
    アンドレイ・タルコフスキー
監督:アンドレイ・タルコフスキ一
撮影:ワジーム・ユーソフ
美術:S・アゴヤン
音楽:ヴャチェスラフ・オフチンニコフ
編集:L・ブトゥーゾヴァ
衣装:A・マルチンソン
メイク:A・マカーシェヴァ
特殊効果:B・プルージュニコフ
       V・セヴォスチャーノフ
       A・ルダチェンコ
助監督:O・ゲルツ

[キャスト]
サーシャ:イーゴリ・フォムチェンコ
セルゲイ:ウラジーミル・ザマンスキー
少女:ニーナ・アルハンゲリスカヤ
サーシャの母:マリナ・アドジユベイ
ユーラ・ブルーセフ/スラヴァ・ボリーソフ/サーシャ・ヴィトスラフスキー

[ジャンル] 中編劇映画
[サイズ] 35mm / スタンダード / カラー / 全5巻
[上映時間] 46分
[日本公開年・配給] 1965年3月
[VIDEO・DVDなど] VIDEO=IVCV-64052, DVD=DVD-IVCF-104(発売日:1999/06/25)発売元 : アイ・ヴィー・シー/販売元 : ビームエンタテインメント, 絶版(LD=PILF-1117 パイオニアLDC)

索引ページに戻る
Homeページに戻る
ソヴェート映画史ロシア映画社アーカイブス
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー