■〈完結篇>のみどころ
●ボロジノの大会戦
モスクワめざし一気に進撃してくるナポレオン軍を、クトゥー
ゾフ将軍ひきいるロシヤ軍は寒村ボロジノにむかえうち、ロシヤ
の運命をかけた決戦の火ぶたをきる。見わたすかぎり地面をうめ
つくしたロシヤ軍と、まぼろしのようなナポレオンの大軍。敵味
方二十万の精鋭が、砲煙と砂塵のなかに激突する。ボロジノ戦に
くらべれば、〈第一部〉の二つの戦斗シーンは前奏曲にすぎなかっ
た。スクリーンの上で二度とは見れぬスペクタクルが、一時間
にわたって展開する。
●ナターシャとアンドレイの再会
ボロジノで重傷を負ったアンドレイは、後送される途中、思い
がけずナターシャに再会する。婚約を踏みにじるあんなむごい仕
打をして……と彼女は泣きくずれる。「ぼくはもっともっと君を
愛してる……」。アンドレイは数日後、すべてを許して息絶える。
●モスクワ炎上
ナポレオン軍が侵入してきて掠奪をほしいままにしたモスクワ
の町は、怒りとのろいをこめた市民の手で火がつけられる。一〇
ヘクタールの草原に、当時そのままに再現されたモスクワ市の炎
が、天をこがす。
●ロシヤ軍の総反撃
クトゥーゾフ将軍はモスクワまで明け渡して戦力の捕充と再編
成に時をかせいだが、掠奪に明けくれて士気は乱れ、食糧の調達
に悩んだナポレオンは、せまりくる冬将軍を前に軍使を送って取
引をはかった。クトゥーゾフ将軍がきっぱり断わると徹退をはじ
める。ロシヤは国をあげて反撃にたちあがった。戦力をそがれ、
なだれをうって雪の野原を敗走するナポレオン軍。追撃、奇襲。
かってけんらんをきわめ、無敵を誇った五〇万のナポレオン軍は
いまや凍え、疲れ果てた敗残兵になってしまった。
●ナターシャとピエールの愛
ロシヤ勝利のよろこびにわいた。ボロジノの戦いに加わり、
また農民兵からはじめて人生の目的を見出したピエールは、喪服
のナターシャとめぐりあう。おたがいの不幸をなぐさめあう二人
の間には、いつしか愛がはぐくまれてゆく。
このウィンドウを閉じる
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー