■驚異の製作スケール

●製作費 32,601,805ルーブル(13,040,722,336円)
「ベン・ハー」の約2.4倍。
●撮影日数 1962年9月6日から1967年9月14日ま
で。正味5年と8日、1833日。
●使ったフィルム 513万フィート(映写すれば760
時間)東京−稚内間より2キロ長い。
●登場人員 595,193名。セリフがある役654。
●セット・衣裳 セット302、衣裳約2万5千着。
●美術品 40の美術館、博物館から国宝、重要文化
財257点を保険をかけて借用。
■ボロジノ戦斗シーン
全製作費の3分の1近い1200万ルーブルを投入。
ソビエト正規軍124,533名が35日にわたって動員。
1282門の大砲、1万挺の小銃、拳銃、刀剣、46本
の軍旗、16,500点の軍服を準備。40トン以上の火
薬を消費。7台の70ミリ・カメラをテレビでリモ
コン指令した。
■モスクワ炎上シーン
モスクワ北東150キロの寒村チリャーェボに2年
がかりでオープン・セットを建設、ドラムカン90
本のガソリン、灯油をかけて炎上。
このウィンドウを閉じる
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー