★SF映画に新境地を拓いた「惑星ソラリス」
 72年、カンヌ映画祭審査員特別賞、国際エ
ヴァンジェリー映画センター賞を受賞した「惑
星ソラリス」は日本でも七七年四月、岩波ホ
ールにてロードショー公開され、さらに翌七
八年七月より銀座・日劇文化で二ヶ月に渡っ
て続映されました。ポーランドのSF作家ス
タニスラフ・レム原作「ソラリスの陽のもと.
に」を映画化したこの作品は"未知との遭遇"
を人間の内面に光をあてて描くことで科学文
明の進歩の狭間にある人間の苦悩を浮彫りに
するなど、これまでのSF映画に見られない
新たな地平を拓いた画期的作品として多くの
ファンを魅了し、同年キネマ旬報ベストテン
五位に選ばれました。また、原作にはない"地
上のプロローグ"、東京・赤坂見附にロケーシ
ョンして撮影された未来都市のシーンのショ
ットも話題となりましたが、タルコフスキー
監督の来日はこの時が最初にして最後でした。
公開当時、「二〇〇一年宇宙の旅」と双壁を
争った「惑星ソラリス」は、単にSF映画と
しての斬新さだけでなく、遺作「サクリファイ
ス」にも見られるごとく、人間の心の深層を
映像に昇華させつづけたこの監督独自の世界
が広がる代表作として歴史に残る名作となり
ました。


ロシア映画社ホームページ
ロシア映画DVDコレクション
ロシア映画ファンサイト (新着情報)






広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー