●ソビニト映画にヌーベルバーグをもた
らした俊英アンドレイ・タルコフスキー
監督が、遂にSFに挑戦、宇宙戦争下の
戦士の<人間の内面>にまで突入する!


監督アンドレイ・タルコフスキーは、1932年
生まれ。その処女作品はモスクワの映画大学
の卒業制作の小品『ローラーとバイオリン』(ニ
ューヨーク学生映画コンクール第1位)で、長
篇第1作は『僕の村は戦場だった』(62年ベニ
ス映画祭グランプリ)、第2作は『アンドレイ・
ルブリョフ』(67年カンヌ映画祭・審査員特別
賞)、第3作がこの『惑星ソラリス』(72年カン
ヌ映画祭で受賞)と、国際映画祭での連続受賞
で、今や世界的な映画作家である。昨75年に
新作品の『鏡』を撮りあげて、目下、再度の
SF映画の製作(ソ連のストルガツキーのSF
小説の映画化)を検討中である。
アメリカのアーサー・クラーク原作の『2001
年宇宙の旅』と同様に、この『惑星ソラリス』が
訴えるものも、未来というより地球とは次元
の異る未知の世界に入りこんでしまった人間
の悲劇であり、私たちの心を捉えるものは映
画が語りかける神秘な愛の<哲学>である。




広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー