●タルコフスキーは未来都市の舞台とし
て東京をロケ地に選んだ。そのエイキゾチ
ックな街の夜景の妖しさがカンヌ映画祭
で大喝采を博し、今や世界の話題映画!


映画はプロローグ(地上の現実)とエピロ
ーグ(惑星での未来)を持つ3時間の大長篇
で、ドラマは主として惑星ソラリスに到達し
た宇宙船の内部で凄絶に繰り展げられる。
心理学者クリス(ドナータス・バニオニス)
は重大な任務を帯びて惑星ソラリスに近づい
て行く。同行者は物理学者のサルトリウスと
医師のスナウトの2人。クリスは、船内に居
る筈もない美しい女の姿を或る日発見する。
しかも彼女は数年前に若くして死んだ彼の妻
ハリー(ナタリヤ・ボンダルチュク)その人
であった!クリスの驚き!
ソラリスの海は、理性を持つ奇怪な有機体
で、地球から来た人間の脳裡に潜在する欲求
を物体化する不思議な超能力を持っていた。'
その1つがハリーで、彼女はクリスのことを
すべて生々しく記憶していたのだ。ソラリス
の海の謎の解明にクリスはふるい立つ……。




広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー