■サスペンス・チェーホフ・ルポルタージュ
 犯人を追跡するサスペンス、あるいはチェーホフ劇
を連想させる、互いに結び合わない愛のドラマ、ある
いはリアリズムに徹して、極めて正確に当時の状況を
再現し、しかもそれを語り手の子供時代の回想を通し
てもの語るルポルタージュ−−と、ゲルマン映画に独
得の、幾重にもジャンルが交錯した映画手法は観客に
尽きない興味を湧きたたせる。

■脚光浴びるアンドレ・ボルトネフ
 田舎町のエキセントリックな女優を好演したニーナ・
ルスラーノワ、情熱的な理想主義者ラプシンを演じた
精悍なアンドレイ・ボルトネフ(彼はこの映画で一躍
有名になり、日ソ合作「オーロラの下に」の主演に抜
擢された)、悩み多きインテリのジャーナリストを演じ
た二枚目、故アンドレイ・ミローノフ他の見事な俳優
アンサンブルには、演劇を志したこともあるゲルマン
監督の演出の妙が光っている。
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー