<- 作品検索 ((・ Home Page ・)) 他のパンフレット ->
無断転載を禁ず -P21- 「惑星ソラリス」パンフレット(1977年6月18日発行)より転載

上げる)従ってこれらの情報は全然,
あるいは殆ど,現実には即さないも
のである」
● ブラウン管(会議室)
バートン「(腰かけたまま?伏目が
ちに)“殆ど”というのはどの程度
ですか?」
● ブラウン管(委員長の部屋)
シェンノン「いや,最後まで聞いて
下さい.(委員会の結論を続けて読
む)なお,物理学博士メッセンジャ
ー教授の特別意見を別記する。同教
授はバートンがもたらした報告が事
実に即しているかもしれないので,
充分研究する必要があると考えてい
る.以上です」
● ブラウン管〈会議室)
バートン「(腰かけたまま)すべて,
わたしはこの眼で見たんだ!」
● ケルヴィンの部屋
 ビデオの横に腰かけていたバート
ンは立ち上がる。
メッセンジャー教授の声「この点で
はわたしは……」
● プラウン管(会議室)
メッセンジャー教授「(ホールを歩
きながら)別の意見を持っています。
我々は偉大な発見の入日にいるので
す.しかも我々の結論が,観察者が
学位を持っているかどうかという事
実に左右されるとは,わたしは思い
ません。このパイロットのことを,
そして彼の精神力や彼の観察の鋭さ
を,羨ましく思っている研究者は一
人や二人ではないのです。そして更
に最後の情報から見ても,我々が研
究を打ち切る権利は全然ないと思わ
れます」
● プラウン管(委員長の部屋)
シェンノン「(歩きまわりながら)メ
ッセンジャー教授のお気持ちはわか
りますし,おっしゃっていることも
わかります。しかし,我々が通って
来た道を振り返ってみましょう.ソ
ラリス研究はスタートした瞬問と同
じ場所に足踏みしているのです。こ
こ何年間かの仕事は無駄でもありま
した.いま,我々がソラリスについ
て知っている事は,否定的な性格の
ものであり,いかなる概念にも当て
はめられないような,ばらばらな事
実の山のようなものです」
● ケルヴィンの部屋
 ブラウン管を見つめるクリス.
クリス「いまだに我々は同じ状態に
あるわけだ.ソラリス研究は退化し
つつある」
メッセンジャー教授の声「しかし,
ソラリス研究よりももっと重要なこ
とを言っているのです。人間の認識
の限界について話しているのです」
 ブラウン管(会議室)
メッセンジャー教授「(発言を続け
て)そのような限界を人為的に定め
ることで,思考の無限性という考え
方に打撃を与え,前進する動きを妨
げ,後退する動きを助けることにな
ると思われませんか?」
バートン「(腰かけたまま)ですが,
もう一度お聞きします。“わたしが
もたらした報告が殆ど事実に即さな
い”というのは,どういうことです
か? わたしはこの眼ですべて見た
んです.“殆ど”というのはどうい
う意味でしょうか?」
● ブラウン管(委員長の部屋)
シェンノン「(バートンに返答して)
“殆ど”というのは,何か,ある実
際の現象が,あなたの幻覚を引き起
こしたに違いないという意味です.
その……風のある時など,揺れる茂
みを生物と間違えることもあります
よ.他の惑星のことですからね.だ
からこれは何もあなたに失礼なこと
を申しあげているのではないので
す」
● ブラウン管(会議室)
バートン「(席に坐ったまま)わたし
としてはメッセンジャー教授の特別
意見がどんな扱いを受けるか,知り
たいのですが」
● ブラウン管(委員長の部屋)
 騒然とする学者達,退出し始める.
シェンノン「(退出しながら)実際に
はどうにもなりません.つまり,こ
の点での研究はもう行なわれません.
(声のする方に向かって)いま,行
きます!」
バートンの声「そのことについて,
まだ申し上げたいことがあります」
● スクリーン(会議室)
 退出する学者達のざわめき.
バートン「(席についたまま)委員会
はわたしを侮序したのではないし,
わたしなど,ここでは問題じゃない
です.委員会が侮犀したのは探険の
精神です.ですからわたしは発言し
ます……」
● ケルヴィンの部屋
バートン「(スイッチを切り,立ち
上がって)ま,そういうわけです。
今ではバートン報告を笑い話にして
も,失礼にはならんというわけです
よ」
アンナ「(立ち上がり,部屋の戸口
の方に歩きながら)ありがとう,パ
ートン,長いおつきあいなのに,わ
たし,あなたのことを何も知らなか
ったわ。とても美男子だったわね」
バートン「ご冗談でしょう,どっち
にしてもありがとうございます」
アンナ「(出て行こうとして,戸口
で入ってきた父親とがつかり)まあ!
ごめんなさい」
「(入って来て)クリス,おまえの
印象はどうかな?」
バートン「もし君が承知するなら,
クリスと二人きりで話してみたいん
だが,あたしは今回だけは馬鹿者扱
いされたくないんだ。下のプランコ
のところで待っているから(と出て
行く)」
クリス「変な人だ」
「そんなに言うもんじゃない.自
分でもきまり悪そうにしている。別
れを言うのも邪魔になると思ってる
んだ」
 壁にクリスの母の写真.
「バートンはデリケートなんだ.
お前に会いに来たんだから,自分の
仕事を大事だと考えているんだよ.
正直なところ,わたしはいま誰とも
会いたくないよ。お前ともしょっち
ゅう話をする方ではないしな」

● 一階の客間
 窓の外を走る子供たち,クリスと
 父,鳥寵が下がった窓の前で
クリス「そう言ってもらうとうれし
いです。もう最後の日ですが……」
「最後の日だな.特に別れる時と
なるとな,あとからいやな思いがす
るもんだ.おばさんが来る。じゃ,
クリス,昼から話そう。話したいこ
とがある」
クリス「それじゃどうして今日,バ
ートンを呼んだんです?」
アンナ「(部屋に入ってきて)お客さ
まはどこに寝ていただきます? あ
なたの隣ですか? それとも上の部
屋ですか?」
「上の部屋がいい」
クリス「じゃ,わたしはブランコの
ところに行きます(と去る)」
アンナ「そうすると……?」
「わたしが行く.部屋で待ってて
くれ.(椅子にかけながらクリスに)
あのな,クリス!」

● 
 ガレージが見える。犬を連れてガ
レージの方から逃げるように走って
くるディーク.
● 馬のいるガレージ
● ガレージヘの道
 アンナがディークを通れてガレー
ジに近づく.
アンナ「いったいどうしたの?」
ディーク「あそこに変なのがいる!」
アンナ「恐いの?」
ディーク「ガレージの中でこっちを
見てる」
アンナ「(ディークを引っ張って行
きながら)馬よ」
ディーク「いいよ,もう見たから」
アンナ「行きましょう!」

-P21-   無断転載を禁ず
「惑星ソラリス」パンフレット(1977年)より転載 <- 前へ 次へ ->
HomePageソヴェート映画史−七つの時代資料館
服部美術館チグラーシャ・クラブ掲示板通信販売松本支局
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー