<- 作品検索 ((・ Home Page ・)) 他のパンフレット ->
「火の馬」(1991年4月26日発行)より転載
実をたべるかい」
 ヒムカ、す早く、マリーチカのお
腹に手をあてる。
ヒムカ「ここで、うごめいているの
は何だね、ハ、ハ、ハ、ハ」
 マリーチカ、恥ずかしさのあまり
顔をふさいで走り去る。
羊を放牧する丘

タイトル 「ポローニナ」

牧夫の呼び声「オオ、オー、オー、
オー」
 樹木に寄生する地衣類の植物
ミーコが背に枯枝の束をかついで
荒涼とした草地を行く。
 枯れた切株に出来た地紋。
 ポローニナを行くミーコ。
古い羊の鈴、苔、砂に埋まった羊
の角、水面に透けて見える古いグ
ツールのパイプ。
 ミーコは枯枝を背負ってなお、歩
き続け、十字架に近づく。何か叫ぼ
うとするが、おしで物が言えない。
枯枝をすてて、その上に坐り、せき
込む。
 ポローニナの草原
 牧夫達がトレムビータを吹く。そ
して春の近ずいた事を告げる。
 イワンは花飾りを帽子につけて、
珍しげにあたりを見まわしている。
 牧夫達が羊を追う。
親 方「家畜をこちらに追い寄せて
いるのだ……神のお助けがあれば、
秋には家畜を皆に戻すのだ」
 親方、注意深くイワンを見る。
親 方「若いの、どこの者だ?」
 イワン、帽子を脱いで、
イワン「ピヨートル・パリーチュク
の息子、クリボリーブニから仕事を
探しに来ました。雇って下さい。言
われた事は何でもやります」
 牧夫達が跪いて祈りをしている。
羊飼いの小屋の中
 堀立小屋で牧夫達はとど松の幹を
けずっている。
 女が手でとうもろこしをむいてい
る。
 小屋の中、火のそばに牧夫達、風
が桶を吹きころがす。
 枯枝をかついだミーコが入って来
て、床に枝をおろす。
 手で大釜を持ち上げる。板の上に
出来立てのとうもろこし粥。
 雷鳴がとどろき、雨が吹き注ぐ。
牧夫達、火のそばで着物を乾かして
いる。
 手で牛乳の中のチーズの塊りを取
り出している。
羊飼いの小屋の中、夜
 堀立小屋の中に親方、イワン、
ミーコ。
 おしのミーコが何か言おうとし
て、ジェスチュアで表現している。
親 方「どうしてお前は結婚しない
のだと風が黒い山に尋ねると、黒い
山が答える。緑のポローニナが私の
ところに来てくれないのだ」
ミーコ「ア、ア」
親 方「そして、いつまでもいつま
でも、じっと立っている。美しさに
見とれているが結婚出来ないのだ。
風は、ただ彼等に歌を運んでいる」
 親方は話しをやめ、桶からチーズ
の塊を取り出して、牛乳で洗ってい
る。
 イワンは立ち上がって小屋を出
る。
 ミーコは、親方に、イワンの方を
指して「彼は独り者か」と尋ねてい
るような身振りをする。
親 方「知らないね」

 イワンは外に出ると、草の上に横
になる。
 空には星がキラキラと輝いてい
る。
 イワンはじっと目を見開いていた
が、やがて静かに目を開じる。
イワン「山よ、お前は何故結婚しな
いのだ」
夜空に輝く星
 乾草の束の上に寝て空を見ている
マリーチカ、空には星がまばたいて
いる。
霧の深い森の中
 マリーチカは垣を越えて、草原を
歩く。

 霧にかすむ山道を、四、五人の男
が羊を追って木立の中を行く。
牧 夫「さあ、さあ、それ、それ、
だめじゃないか……」
 老いた牧夫が、銃を上に向けて、
発砲する。
牧 夫「これ、これ、さあ、だめ
じゃないか…(羊を追いながら)そ
れ、それ!」
 マリーチカが森の中で、じっと耳
をすます。更に歩き続ける。空には
星がまたたいている。
草 原
 霧がポローニナに流れて来る。
 ミーコがたいまつを振りまわしな
がら、何か叫んでいる。
 イワンが頭をもたげて、耳をすま
す。
 トレムビータの音が聞こえる。
 親方は不安気に、あちこちを見回
しながら叫び声をあげる。
親 方「オーイ、」
霧の深い森の中
 林の中をさ逃うマリーチカ。あっ
ちに走ったり、こっちに走ったりす
る。
 空には星がきらめいている。
 マリーチカは、あたりを見回しな
がら星の輝きに引かれるように林の
中を走る。止まったと思うと、又、
走り出す。
 そしてマリーチカ、霧を透して崖
から羊が流れに落ちるのを見る。
草 原
 二人のグツール人がトレムビータ
を高く上げて鳴らす。イワンは、そ
れを止めて、じっと耳をすます。

 マリーチカが急流の崖を伝って小
羊に近づき、そっと小羊を抱き寄せ
る。
マリーチカ「イーワ!」
 足がすべる。
 マリーチカの足もとの石が崩れ落
ちる。
 急流に呑まれた小羊が岸に打ち上
げられる。マリーチカがゆっくりと
流れに吸い込まれる。
 星がまたたいている。
 マリーチカ、一瞬、波から頭を出
すが、やがて水中に没してしまう。
 崖の上では牧夫が二人、不安そう
な顔をしている。その中の一人が何
か叫ぶ。
堀立小屋の前
 白馬に乗ったグツール人が一人、
丘の上に現れる。牧夫達が大をつ
れ、殺した熊を運んでいる。
 堀立小屋のそばには人が集まり、
熊の皮を高々と引張り上げる。
話 声「考えて見りゃ、あんな若い
女が、あんな死に方をしてなあ…
…」
話 声「どこの女だ?」
   「グチェニュクの娘だ」
   「何時のことだ」
   「今日…霧が……夜中に…
    …」
   「イワンは」
   「知らない……」
   「知らない……あそこにイワ
    ンが……」
   「しゃべるな……」
 牧夫は犬に餌を与えている。
 若者が二人、女をからかってい
る。
 人が集まって何やら話し合ってい
る。
 イワンは会話に聴き入る。不安そ
うな顔で、皆の方に近ずく。
イワン「ごきげんよう」
 人々は黙ってしまう。一人のグ
ツールが帽子を脱ぐ。
 ミーコが枯枝の束をかついで側を
(11)
「火の馬」パンフレット(1991年発行)より転載 <- 前へ 次へ ->
HomePageソヴェート映画史−七つの時代資料館
服部美術館チグラーシャ・クラブ掲示板通信販売松本支局
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー