<- 作品検索 ((・ Home Page ・)) 他のパンフレット ->
「火の馬」(1991年4月26日発行)より転載
 イワン、息がつまる。
イワン「あ、私はお前を、マリチ
コ、忘れる事が 出来ないのだ」
イワン「私達は 夫婦になろうか?
私達の生命のある限りは!」
 マリーチカは、銀自の手で顔を覆
う 。
 その手をイワンの方へさしのば
す。まるでその手は、イワンの方ヘ
飛んでくるかの様である。
 それから、イワンの手をつかむ。
イワンの声「あーあーあー」

タイトル「葬 式」

イワンの家
 小屋の中で老婆が、イワンの死体
を洗ってやっている。傍らで男が祈
りをあげている。
老婆「何だかあの男、シャガレた声
で、変な具合に唄っているよ、水を
一杯、あの男に持って行ってやんな
よ」
パラグナ「私のイワンが死んだ、も
う居ないのだ。お前さんは、私を誰
の所に残そうって云うの?」
 イワンの亡骸。
 パラグナ、首飾りを身につけなが
ら、無関心にお祈りの言葉を云って
いる。
 葬いの儀式が進んでいる。ミーコ
が遺体の寸法を計っている。
パラグナ(お祈りをする)「イワン
は死にました、死んだのです。もう
私のイワンは居ないのです。ああ神
様、ああ神様!」
 ミーコは板を削っている。
 娘がリンゴをとる。
 イワンの手に金貨がおちる。
グツールの歌「麦粉は誰にやろうか
     麦粉は誰に 麦粉は誰に
     麦粉は誰に 麦粉は誰に
     麦粉は誰に 麦粉は誰に
     私は結婚する 誰と?
     パラスカと ハハハ」
 人々の葬いの儀式がたけなわと
なった頃、急にだれかの冷静な声が
聞こえてくる。
男の声「ねえお前さん、聞いて下さ
いよ。私、今、憶い出した事がある
んだよ。
 いつだったか、昔のこと、イワン
と羊の放牧をした事があったのだ。
そのときイワンが云っていた。死ん
だら、あのきれいな白い服を着せて
葬って下さい。あの服は、ずっと前
に、若い頃に着た服なんだ、そう
云ってた。
 私は、あの可愛そうな奴が、そん
な事を云うのを聞いてびっくりした
んだよ」
 窓から八人の子供が部屋の中を見
ている。
 ただ木を削る音のみが響いている。

上映時間 1時35分


 ソビエト映画の全貌'91
<告知欄>

・・・
・・・・・・省略・・・・・・
・・・

1991年4月26日発行 定価500円
(C)発行権者=株式会社日本海 井原和夫
東京都千代田区飯田橋2−6−6第5NSビル (3262)4131
編集=野原まち子、松村 都
協力=日本アート・シアター・ギルド
印刷=三映印刷株式会社
(17)
「火の馬」パンフレット(1991年発行)より転載 <- 前へ 次へ ->
HomePageソヴェート映画史−七つの時代資料館
服部美術館チグラーシャ・クラブ掲示板通信販売松本支局
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー