<- 作品検索 ((・ Home Page ・)) 他のパンフレット ->
「ふたりの駅」パンフレット(1985年10月12日発行)より転載
プロフィール
オレグ・バシラシヴィリ
 1934年生。子供の頃からアマチュア演劇に出演
していたが、56年モスクワ芸術座付属演劇学校
卒業と59年よリレエングラード・ボリショイ・
ドラマ劇場に所属し、現在同劇場の幹部俳優。1983
年の日本公演にも同行し、同公演の4本の出し物
のうち、"ワーニャ伯父さん""ある馬の物語""検察
官"に主演してその名演技と端正で渋味のある風
貌はすでに日本の広い観客に知られるところとな
った。これまでに舞台では30を越える役を演じて
きたが、映画では"職場のロマンス"(77) "愛の奴
隷"(76)などで準主役ながらコミカルな味わいの
あるきめの細かい演技で注目を集め、"秋のマラソ
ン"(79年第27回サン・セバスチャン国際映画祭金
賞他多数の国際映画祭賞を受賞した)の成功で国
際的な人気を得た。

リュドミーラ・グルチェンコ
 1935年生。58年モスクワ国立映画大学卒業。エリダル・
リャザーノフ監督の"すべてを5分で"に主演、歌って踊
る女優としてデビューしたが、その後は一時、舞台を中
心に活躍していた。70年代に入って、演技に円熟味を増
してエキータ・ミハルコフ監督の「五つの夜に」(79)ア
ンドレイ・ミハルコフ=コンチャロフスキー監督の「シべ
リアの詩」(79)等に出演。「ガブリーロフ技師の愛する妻」
(81)では、第1回マニラ国際映画祭最優秀女優賞を受
賞した。「ふたりの駅」は83年、雑誌"スクリーン"の最
優秀女優賞を受賞し、そしてまた、この年、中編小説"わ
が思春期"を発表するなど、いま、まさに熟女の活躍ぶ
りである。
 いま、"女性に求められていることはあまりにも多く、
それには力が要る仕事まであります。でも女性はデリケ
ートでやさしく美しくあるべきです"とは、かの女の現
代女性についての弁。

ニキー夕・ミハルコフ
 俳優で監督、シナリオライター。1945年生まれ。63年モス
・クワのワフタンゴフ劇場附属演劇学校に入学、そこに学ぶか
たわら、67年全ソ国立映画大学監督科に編入し、故ミハイル・
ロンム監督に師事する。初め、役者として"貴族の巣"(69)
"赤いテント"(69) 他に出演していたが、74年"光と影のバラ
ード"で監督としてデビュー以来次々に話題作を発表、叙情
的で流麗な映像がかもす感性豊かな表現力はこれまでのソビ
エト映画に見られない新しいオ能の登場としても大いに注目
を引き、日本でも"愛の奴隷"(76)" 機械じかけのピアノのた
めの未完成の戯曲"(77) "五つの夜に"(79) "オブローモフの
生涯より"(79)" ヴャーリャ―愛の素顔"(83)など殆どの作品
が公開されている。
「ふたりの駅」での悪役ぶりは役者としてもミハルコフが輝
かしいオ能の持主であることを実証することになった。雑誌
「スクリーン」の83年最優秀助演男優賞を受賞した。

「ふたりの駅」パンフレット(1985年10月12日発行)より転載  <- 前へ ・ 次へ ->
HomePageソヴェート映画史−七つの時代資料館
服部美術館チグラーシャ・クラブ掲示板通信販売松本支局
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー