| 松本支局のバックナンバー  | ホームページに戻る | ロシア映画社

松本支局発
2000年晩冬
松本支局長への声援のメッセージを掲示板にお願いします!


 今回は我が信州が誇る特産品のひとつ、わさび(山葵)の紹介をしましょう。
 わさびは日本が原産地で、アブラナ科に属する多年草の根菜であり、刺身、寿司そしてそばの薬味に欠かせない香辛野菜です。
 またわさびは毒消し効果に優れ、抗菌作用の他抗癌作用、抗かび作用、更に血栓予防作用など多機能を持ち備えた健康自然食品です。
 ところでご存知でしょうか、徳川家の紋章を?
 今年のNHKの大河ドラマをご覧の方はお判りですよね。そう、「三つ葉葵」。あれは、実は、ハート型をしたわさびの葉を表しているのです。江戸時代、わさびは制限品目に指定され、幕府の許可が無ければ栽培も売買も出来なかったそうです。
 
 さて、信州は伊豆に続く主要生産地のひとつですが、今回は松本支局から程近い「安曇野わさび田 湧水群」をご紹介します。
 支局からは国道19号線を奈良井川に沿って北上し、やがて梓川と合流後の犀川に沿って進むこと約10分、「田沢駅前」交差点を左折し、橋を渡って高速長野自動車道の高架を潜りぬけて、直ぐ「豊科I.C.出口」を右折すればそこは田園風景で,心も和む安曇野。
 遠くには真白な景観を称える北アルプスの山並みを望みながらやや行くと「重柳」交差点。そこを右折すれば1〜2分で右側に今回の目的地が見えてきます。
 
 ここ安曇野のわさび田は北アルプスに積もった雪が時間をかけ地底の層に自然濾過され、清冽な涌き水となって湧き出ている所で、その水温は年間を通じ摂氏13度前後で保たれ、清涼な空気と太陽の恵みが加わって、まさにわさびの育ての親として欠かせません。
 幾何学的に水路が走る広大なわさび田に、囲まれる様に建っているわさびの加工場、レストラン、土産売り場。
 そこで岩魚(いわな)の塩焼きと岩魚の骨酒(こつざけ)で一休み。

 いかがですか? お勧めのコースです。 
 何かのお役に立てれば幸いです。
ではまた、このページでお会いいたしましょう!


松本支局長への声援のメッセージを掲示板にお願いします!
| 松本支局のバックナンバー  | ホームページに戻る |
ロシア映画社
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー