●ロシア映画社・松本支局発 2001年 初夏

安曇野・天然温泉への誘い
 「安曇野」とは、西は北アルプス連峰のふもとから南は梓川を境に、北は大町市以南、東は犀川・高瀬川の東岸を含めた一帯に広がる平野部(4町4村=地図参照)をいい、その昔この辺りを安曇郡(ごおり)と云ったことから、その名は今や歌にも出てくる全国的なものとなっています。

■公共の温泉と宿 データベース

1
名称 すずむし荘 | 写真1 | 写真2 |
住所: 北安曇郡松川村3363
Tel: (0261)62-8500
運営: 村営
源泉: 馬羅尾(ばろお)天狗岩温泉
泉質: 天然ラドン温泉
効能: 神経痛、筋肉痛、関節痛、うちみ
入浴料: 大人 500円、小人 350円
定休日: 毎木曜日
宿泊: 9,500円より
交通: JR大糸線信濃松川駅よりタクシー5分 / 長野道豊科ICより25分
松本支局長の
一口コメント:
静かな田園風景の中、どっしりと落ち着いた建物。道を隔てたお隣には絵本画家・いわさきちひろの作品の数々が展示されている「安曇野ちひろ美術館」(村立)がある。
--> 地図を見る --> --> 次のデータへ -->

松本支局長への声援のメッセージを掲示板にお願いします!

| HomePageに戻る | 松本支局のバックナンバー  |
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー