ロシア映画社>特別企画>サンクト・ペテルブルグを巡る映画紀行>文学に描かれたサンクト・ペテルブルグ

映画「罪と罰」の魅力
 小説「罪と罰」のサイコ・サスペンスにも似た内面描写の精妙さは、多くの映画人の創作意欲をかき立てるようで、ドイツ(ロベルト・ヴィーネ)やフランス(ピエール・シュナール、ジョルジュ・ランパン)など世界各国で映画化されてきました。
 1970年製作の映画「罪と罰」は、ソビエト映画人による初の映画化作品で、レフ・クリジャーノフ監督が10数年にわたって、構想をあたためて続けてきたもの。それだけに、本場の威信に賭け、ドストエフスキー文学の真随をとらえ、その思想までをも感動的に伝えた決定版となっています。 主人公ラスコーリニコフには、レニングラード青年観客劇場の新人ゲオルギー・タラトルキンを抜擢。撮影当時は、主人公と同年の23歳という若さで、"背の高い、すばらしい美男子"というイメージばかりでなく、内面的世界の表現においてもクリジャーノフ監督の期待に応えています。ラスコーリニコフと緊迫した知的葛藤を演じる判事ポルフィーリーには「ハムレット」「チャイコフスキー」の名優スモクトゥノフスキーが扮しています。
 女優陣も美しい妹ドーニャに「ふたり」のビクトリア・フョードロワ、本篇のヒロインとなるソーニャは、タチアナ・ベードワが"聖なる娼婦"を見事に演じて、それぞれ若々しい演技を競っています。
 原作の舞台であるペテルブルクの市街を中心にロケを行ない、19世紀ロシアのイメージを正確に再現しているのもこの作品の魅力となっています。
< 戻る <
>>
次へ
>>
ドストエフスキーとサンクトペテルブルク  「ドストエフスキーの生涯の26日」  ドストエフスキーの生涯の3人の女性
ゴーゴリの「外套」  ゴンチャロフの「オブローモフ」  トルストイの「アンナ・カレーニナ」
歴史と文化の都サンクト・ペテルブルグ 映画の都 レンフィルム
今日のロシア映画 | 西日本 | 松本支局 | 服部美術館 | 西下外語教室
掲示板 | 資料室 | 特別企画 | ロシア映画社 | チグラーシャ・クラブ | 電網店
チェーホフ歿後100年レトロスペクティヴ
ほぼ毎日酔いどれ映画祭日記  ウラジオストック映画祭便り
ロシア映画DVDコレクション ロシア映画ファンサイト ロシア映画新着情報
明治・大正期に日本で公開されたロシア映画  映画「妖婆 死棺の呪い」のDVDを巡って
とってもかわいいロシア映画「こねこ」公式サイト  少年少女20世紀科學讀本 特集 ロシア宇宙探検
NEW弁士 藤川修士  無声映画のピアニスト  舞台俳優・藤川修二の世界
 「円」は異なもの?!  差の出る!翻訳ソフト活用術  映画故知系
◎注目のオークション  ネットショップ故知系  楽天 温故堂  bidders温故堂
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー