ロシア映画社>特別企画>サンクト・ペテルブルグを巡る映画紀行>文学に描かれたサンクト・ペテルブルグ

■映画「罪と罰」 この不滅のロマンを織りなす人々
ラスコーリニコフ(ゲオルギー・タラトルキン)
 物語の主人公。ペテルブルグの貧しい大学生。自分の思想を実行したとき、彼も結局は単なる人殺しにすぎなかったのだ……
ソーニャ(タチアナ・ベドーワ)
 退職官吏の娘。一家の窮状を救うため娼婦となる。彼女ほど、大きな苦悩を背負いながらも、大きな愛をたたえた娘はいない。その愛がラスコーリニコフを救った。
ポルフィリー(インノケンティ・スモクトゥノフスキー)
 老婆殺人事件を担当する予審判事。冷徹な頭脳で事件の真相をみつめ、ラスコーリニコフの自信をつきくずしていく。
ドーニャ(ビクトリア・フョードロワ)
 ラスコーリコフの妹。彼女もまた幸うすき娘である。しかし、いつも誇りを失なわない。兄のために気に染まぬ結婚をしようとする。
スヴィドリガイロフ(エフィム・コペーリャン)
 自己の情欲のままに行動する謎めいた男。ドーニャに恋をし、執念深くそのあとをつけまわす。だが、その思いがドーニャに拒まれたとき……
ラズーミヒン(アレクサンドル・パブロフ)
 ラスコーリニコフの大学の友人。貧乏で、いささか単純で、世話好き。ドゥーニャを知り、その悲しみをともに分つ。
ソーニャの母(マイヤ・グルガコワ)
 苦しみのうちに幼い子どもたちを残して死んでいく哀しい母。彼女がどんなに悔いを残していったことか…。
< 戻る <
>>
次へ
>>
ドストエフスキーとサンクトペテルブルク  「ドストエフスキーの生涯の26日」  ドストエフスキーの生涯の3人の女性
ゴーゴリの「外套」  ゴンチャロフの「オブローモフ」  トルストイの「アンナ・カレーニナ」
歴史と文化の都サンクト・ペテルブルグ 映画の都 レンフィルム
今日のロシア映画 | 西日本 | 松本支局 | 服部美術館 | 西下外語教室
掲示板 | 資料室 | 特別企画 | ロシア映画社 | チグラーシャ・クラブ | 電網店
チェーホフ歿後100年レトロスペクティヴ
ほぼ毎日酔いどれ映画祭日記  ウラジオストック映画祭便り
ロシア映画DVDコレクション ロシア映画ファンサイト ロシア映画新着情報
明治・大正期に日本で公開されたロシア映画  映画「妖婆 死棺の呪い」のDVDを巡って
とってもかわいいロシア映画「こねこ」公式サイト  少年少女20世紀科學讀本 特集 ロシア宇宙探検
NEW弁士 藤川修士  無声映画のピアニスト  舞台俳優・藤川修二の世界
 「円」は異なもの?!  差の出る!翻訳ソフト活用術  映画故知系
◎注目のオークション  ネットショップ故知系  楽天 温故堂  bidders温故堂
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー