ロシア映画社>特別企画>サンクト・ペテルブルグを巡る映画紀行>文学に描かれたサンクト・ペテルブルグ

『ディカニーカ近郊夜話』(1832年)原書挿絵より 映画「妖婆・死棺の呪い」より(この映画の原作「ヴィー」は、1835年の作品集『ミールゴロド』に収録されている) 「タラス・ブーリバ」(1835年作品集『ミールゴロド』に収録)原書挿絵より
 ゴーゴリの作品のうち、初期の著作などウクライナに材を取ったものを「ウクライナもの」と呼んでいます。それらの多くは、ロシアでも最もエキゾチックと言えるウクライナの口碑伝説にも通じる怪奇的で幻想的な物語がリアルに洒脱に表現されています。映画「妖婆・死棺の呪い」の原作「ヴィー」や「タラス・ブーリバ」などがその代表作と言えましょう。
 一方、1835年に発表された作品集「アラベスキ」に始まる作品群は、物語がペテルブルグを舞台にしていることから「ペテルブルグもの」と呼びならわされています。そこには、首都の貧しい芸術家や下級官吏の生活が描かれています。そして、自らも下積み役人として生活しなければならなかったゴーゴリの体験が色濃く反映しています。一見、華やかに見える首都の生活は、空しく虚妄に過ぎず、また、恋や富や名声を得ようとする情熱が人を破滅に導くこともある。というテーマにそれを見てとれるでしょう。このテーマはその後、ドストエフスキーによって「ペテルブルグの神話」として継承されることになります。
 この系列の作品には、「ネフスキー大通り」「狂人日記」「肖像画」「鼻」「外套」などがあります。
『アラベスキ』(1835年)収録「ネフスキー大通り」挿絵より 映画「肖像画」(1915年ウラジスラフ・スタレーヴィチ監督作品)より (C)RUSCICO/IVC 『アラベスキ』(1835年)収録「ネフスキー大通り」挿絵より
< 戻る <
>>
次へ
>>
ドストエフスキーの「罪と罰」  「ドストエフスキーの生涯の26日」
ゴンチャロフの「オブローモフ」  トルストイの「アンナ・カレーニナ」
歴史と文化の都サンクト・ペテルブルグ 映画の都 レンフィルム
今日のロシア映画 | 西日本 | 松本支局 | 服部美術館 | 西下外語教室
掲示板 | 資料室 | 特別企画 | ロシア映画社 | チグラーシャ・クラブ | 電網店
チェーホフ歿後100年レトロスペクティヴ
ほぼ毎日酔いどれ映画祭日記  ウラジオストック映画祭便り
ロシア映画DVDコレクション ロシア映画ファンサイト ロシア映画新着情報
明治・大正期に日本で公開されたロシア映画  映画「妖婆 死棺の呪い」のDVDを巡って
とってもかわいいロシア映画「こねこ」公式サイト  少年少女20世紀科學讀本 特集 ロシア宇宙探検
NEW弁士 藤川修士  無声映画のピアニスト  舞台俳優・藤川修二の世界
 「円」は異なもの?!  差の出る!翻訳ソフト活用術  映画故知系
◎注目のオークション  ネットショップ故知系  楽天 温故堂  bidders温故堂
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー