ロシア映画社>特別企画>サンクト・ペテルブルグを巡る映画紀行>文学に描かれたサンクト・ペテルブルグ

戯曲「検察官」(1836年)の登場人物(バクレフスキー画) 1836年に発表した戯曲「検察官」は、プーシキンに題材を与えられたもので、大反響を呼びました。その反響の凄さは、官僚政治への社会風刺という側面が強調され、ゴーゴリが意図したものではなかったため、彼を困惑させます。自由主義、保守の両派の大論争のさなか、ゴーゴリは、長編「死せる魂」を執筆するため国外へ逃げ出してしまいます。以後、ゴーゴリは、短期間ロシアに戻ることはあったものの外国に滞在し続けました。
 1841年に発表された「死せる魂」も大反響を呼びました。ゴーゴリは、この作品をダンテの「神曲」になぞらえて3部作とするつもりでした。悪の限りを尽くす人物列像を描く第1部は、地獄篇。煉獄篇となる第2部では、主人公の悔悟と更正を描き、そして天国篇としての第3部で完結するという構成を考えていたのです。しかし、1842年に始まった第2部の執筆は、健康上の理由もあって遅々として進みませんでした。外国にいてロシア人の生活を描くという矛盾も評論家に指摘されるようになりました。やがて、ゴーゴリはエルサレムに巡礼するなど宗教に救いを求め、昂じゴーゴリの道徳的苦悩て神秘主義的偏向すら見せるようになりました。
 1852年、「死せる魂」第2部は、ほとんど完成状態になっていましたが、ゴーゴリは信服する霊的指導者に作家活動の放棄を迫られ、原稿を暖炉に投じてしまいました。その後、ゴーゴリは断食をし、医師の治療を拒んで、悲惨な死をとげました。

 *ロシア映画DVDコレクション「妖婆・死棺の呪い」には特典映像として、ゴーゴリに関する記録映画「ゴーゴリゆかりの地を巡って」(1939年製作)が収録されています。
< 戻る <
>>
次へ
>>
ドストエフスキーの「罪と罰」  「ドストエフスキーの生涯の26日」
ゴンチャロフの「オブローモフ」  トルストイの「アンナ・カレーニナ」
歴史と文化の都サンクト・ペテルブルグ 映画の都 レンフィルム
今日のロシア映画 | 西日本 | 松本支局 | 服部美術館 | 西下外語教室
掲示板 | 資料室 | 特別企画 | ロシア映画社 | チグラーシャ・クラブ | 電網店
チェーホフ歿後100年レトロスペクティヴ
ほぼ毎日酔いどれ映画祭日記  ウラジオストック映画祭便り
ロシア映画DVDコレクション ロシア映画ファンサイト ロシア映画新着情報
明治・大正期に日本で公開されたロシア映画  映画「妖婆 死棺の呪い」のDVDを巡って
とってもかわいいロシア映画「こねこ」公式サイト  少年少女20世紀科學讀本 特集 ロシア宇宙探検
NEW弁士 藤川修士  無声映画のピアニスト  舞台俳優・藤川修二の世界
 「円」は異なもの?!  差の出る!翻訳ソフト活用術  映画故知系
◎注目のオークション  ネットショップ故知系  楽天 温故堂  bidders温故堂
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー