ロシア映画社>特別企画>サンクト・ペテルブルグを巡る映画紀行>文学に描かれたサンクト・ペテルブルグ

 この作品には、自ら小官吏として生活した体験を持つゴーゴリの悲哀と抗議がにじみ出るものとなっています。1830年にゴーゴリが母に宛てた手紙では、彼自身が真冬のペテルブルグで夏物の薄い外套で凌がなければならなかったことが綴られています。
 ドストエフスキーは、1840年代から60年代のロシアの作家について「我々はみなゴーゴリの『外套』から出たのだ」と語っています。事実、この作品以降、貧しい人々をヒューマニックに描く数多くの小説が登場し、ドストエフスキーの出世作となった「貧しき人々」(1846)もその影響を受けたものでした。今日、「外套」はロシア文学における人道主義的傾向の出発点となって、その後のロシア文学の方向を決定づけた作品と言われています。
< 戻る <
>>
次へ
>>
ドストエフスキーの「罪と罰」  「ドストエフスキーの生涯の26日」
ゴンチャロフの「オブローモフ」  トルストイの「アンナ・カレーニナ」
歴史と文化の都サンクト・ペテルブルグ 映画の都 レンフィルム
今日のロシア映画 | 西日本 | 松本支局 | 服部美術館 | 西下外語教室
掲示板 | 資料室 | 特別企画 | ロシア映画社 | チグラーシャ・クラブ | 電網店
チェーホフ歿後100年レトロスペクティヴ
チェーホフについて  チェーホフ原作の映画  チェーホフの本
ほぼ毎日酔いどれ映画祭日記
第19回モスクワ国際児童青少年映画祭レポート  ウラジオストック映画祭審査員を務めて…
 ウラジオストック2007年9月  第7回 ウラジオストック映画祭便り
ロシア映画DVDコレクション ロシア映画ファンサイト ロシア映画新着情報
明治・大正期に日本で公開されたロシア映画  映画「妖婆 死棺の呪い」のDVDを巡って
とってもかわいいロシア映画「こねこ」公式サイト  少年少女20世紀科學讀本 特集 ロシア宇宙探検
NEW弁士 藤川修士  無声映画のピアニスト  舞台俳優・藤川修二の世界
 「円」は異なもの?!  差の出る!翻訳ソフト活用術  映画故知系
◎注目のオークション  ネットショップ故知系  楽天 温故堂  bidders温故堂
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー