ロシア映画社>特別企画>サンクト・ペテルブルグを巡る映画紀行>文学に描かれたサンクト・ペテルブルグ

映画「オブローモフの生涯より」
モスフィルム・1979年製作

[スタッフ]
原作:イワン・ゴンチャロフ
脚本:アレクサンドル・アダバシャン
    ニキータ・ミハルコフ
監督:ニキータ・ミハルコフ
撮影:パーヴェル・レベシェフ
美術:アレクサンドル・アダバシャン
    アレクサンドル・サムレキン
音楽:(ペリー二,ラフマニノフによる)
    エドゥアルド・アルテミエフ

[キャスト]
イリヤ・オブローモフ:
           オレーグ・タバコフ
オリガ:エレーナ・ソロヴェイ
アントドレイ・シュトルツ:
         ユーリー・ボガトィリョフ
ザハール:アンドレイ・ポポフ
アレクセイエフ:
      アバンガルド・レオンチェフ

35mm / スタンダード / カラー
上映時間 2時間20分


iconicon
 映画「オブローモフの生涯より」は世界中にブームを巻き起こした「機械じかけのピアノのための未完成の戯曲」(1977)につづくニキータ・ミハルコフ監督の長編第5作で、1980年のカンヌ映画祭に出品されて評判となりました。
 世紀末、無為に過ぎゆく人生を、何とか有意義に送ろうと努力するものの、所詮は怠惰な生活に安住してしまうロシア・インテリゲンチャの典型、オブローモフ。一方、彼の友人で対照的にプラグマティックな生き方をするシュトルツ。そして知的で感情豊かな、自らの意志を持ったロシア文学の理想的なヒロイン、オリガ。映画はこの三人が織りなす人間関係をニキータ・ミハルコフ監督らしいエレガンスとロマンチシズムに溢れた軽妙なタッチで、時に諷刺を交えながら描いていきます。
 「機械じかけのピアノのための未完成の戯曲」でその名優ぶりが日本にも知られることになったオレーグ・タバコフ、ユーリー・ボガトィリョフ、エレーナ・ソロヴェイに、ベテランのアンドレイ・ポポフを加えての見事な俳優のアンサンブル。ロシアの田園風景を捉えたパーヴェル・レベシェフの光と陰が綾なす美しい映像。エドゥアルド・アルテミエフの流麗な音楽と、この映画は"ミハルコフ組"の面目躍如といった作品となっています。
 1980年オックスフォード国際映画祭最優秀作品賞、撮影第1賞、最優秀男女優賞などを受賞し、この作品も世界中で高い評価を得ました。
→ DVDはこちら icon
< 戻る <
>>
次へ
>>
ドストエフスキーの「罪と罰」  「ドストエフスキーの生涯の26日」
ゴーゴリの「外套」  トルストイの「アンナ・カレーニナ」
歴史と文化の都サンクト・ペテルブルグ 映画の都 レンフィルム
今日のロシア映画 | 西日本 | 松本支局 | 服部美術館 | 西下外語教室
掲示板 | 資料室 | 特別企画 | ロシア映画社 | チグラーシャ・クラブ | 電網店
チェーホフ歿後100年レトロスペクティヴ
ほぼ毎日酔いどれ映画祭日記  ウラジオストック映画祭便り
ロシア映画DVDコレクション ロシア映画ファンサイト ロシア映画新着情報
明治・大正期に日本で公開されたロシア映画  映画「妖婆 死棺の呪い」のDVDを巡って
とってもかわいいロシア映画「こねこ」公式サイト  少年少女20世紀科學讀本 特集 ロシア宇宙探検
NEW弁士 藤川修士  無声映画のピアニスト  舞台俳優・藤川修二の世界
 「円」は異なもの?!  差の出る!翻訳ソフト活用術  映画故知系
◎注目のオークション  ネットショップ故知系  楽天 温故堂  bidders温故堂
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー