ロシア映画社>特別企画>サンクト・ペテルブルグを巡る映画紀行>文学に描かれたサンクト・ペテルブルグ

 だがオリガの思いとは裏腹に、何一つ報いる言葉を見出せないでいるオブローモフ…。彼は思い悩んだあげく、やはり新たな一歩を踏み出すことができません。
 そんなある日、オリガのもとに若い貴公子と美しい令嬢たちが寄り集りました。戯れさわぐ若者たちの中でもひときわ華やいで見えるオリガを眼のあたりにして、オブローモフはいよいよ、自分が彼女にふさわしくないと考えます。それから二日間、彼は落胆のあまり、部屋に閉じこもって一歩も外に出ません。
 やがてシュトルツが外遊から帰国すると、彼らにも賑やかな時が戻ってきました。再び三人の楽しげな声が田園にこだまします。そしてその時、人間としても一段と成長し、美しくなったオリガに再会して、シュトルツの胸に愛が芽ばえたのでした。二人の仲を知ったオブローモフは自らこの地を去ります。オリガはその後もオブローモフを訪ねもしましたが、ついに二人の愛は実を結ぶことはありませんでした。
 翌年、シュトルツとオリガは結婚し、一方、オブローモフもさる未亡人と結婚しました。オブローモフは息子が生まれると、シュトルツの名を取ってアンドレイと名付けました。
 それから7年後、父親を亡くしたアンドレイはシュトリツ夫妻に引き取られたのでした。
< 戻る <
>>
次へ
>>
ドストエフスキーの「罪と罰」  「ドストエフスキーの生涯の26日」
ゴーゴリの「外套」  トルストイの「アンナ・カレーニナ」
歴史と文化の都サンクト・ペテルブルグ 映画の都 レンフィルム
今日のロシア映画 | 西日本 | 松本支局 | 服部美術館 | 西下外語教室
掲示板 | 資料室 | 特別企画 | ロシア映画社 | チグラーシャ・クラブ | 電網店
チェーホフ歿後100年レトロスペクティヴ
ほぼ毎日酔いどれ映画祭日記  ウラジオストック映画祭便り
ロシア映画DVDコレクション ロシア映画ファンサイト ロシア映画新着情報
明治・大正期に日本で公開されたロシア映画  映画「妖婆 死棺の呪い」のDVDを巡って
とってもかわいいロシア映画「こねこ」公式サイト  少年少女20世紀科學讀本 特集 ロシア宇宙探検
NEW弁士 藤川修士  無声映画のピアニスト  舞台俳優・藤川修二の世界
 「円」は異なもの?!  差の出る!翻訳ソフト活用術  映画故知系
◎注目のオークション  ネットショップ故知系  楽天 温故堂  bidders温故堂
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー