サンクト・ペテルブルグを巡る映画紀行>歴史と文化の都、サンクト・ペテルブルグ

ナポレオンのロシア侵入とデカブリストの反乱
映画「戦争と平和」(1965〜1967年モスフィルム製作)より 映画「戦争と平和」 DVD絶賛発売中!
映画「戦争と平和」1965年モスクワ国際映画祭グランプリ 1968年アカデミー賞外国語映画賞受賞 DVD絶賛発売中! 映画「戦争と平和」原作:レフ・トルストイ 監督:セルゲイ・ボンダルチュク ロシア映画DVDコレクションにて絶賛発売中!!
 1812年、ナポレオンが大軍を率いてロシアに侵入しましたが、ロシア側の焦土戦術と冬将軍によって敗れ去りました。
 時の皇帝、アレクサンドル1世は、ナポレオンを破ったという実績を背景に1815年のウィーン会議の主役となります。この戦争が始まったときに竣工されカザン聖堂た首都のカザン聖堂には敗北したフランス軍の軍旗が奉納され、クトゥーゾフ将軍の遺骸が埋葬されました。その後1832年には、冬宮広場に皇帝の勝利を称えてアレクサンドルの円柱が立てられました。
 1825年、首都はドイツ語風にサンクト・ペテルブルグと改名しました。その年の11月、アレクサンドル1世が急死し、皇帝のいない時期が3週間にもおよびました。
 同じ12月、農奴制廃止と憲法の制定をめざした自由主義的貴族士官のグループが、この混乱に乗じて"デカブリストの反乱"を起こしました。この反乱はすぐに鎮圧され、デカブリスト運動は徹底的に弾圧されましたが、この運動はその後のロシアの政治・文化に大きな影響を与えていくことになりました。
 映画「美わしき幸せの星」(1975年レンフィルム製作)は、デカブリストとその妻たちを描く力作です。映画とともに、この時代をもう少し詳しく探ってみることにしましょう。
→ 美わしき幸せの星 へ進む
→ ニコライ1世の時代 へ進む
映画「美わしき幸せの星」より 映画「美わしき幸せの星」(1975年レンフィルム製作)
映画「美わしき幸せの星」監督:ウラジーミルモトィリ/撮影:ドミトリー・メスニエフ/音楽:イサーク・シヴァルツ/出演:イリーナ・クプチェンコ アレクセイ・バターロフ ナタリア・ボンダルチュク  映画「美わしき幸せの星」…デカブリストの妻たちを描く歴史絵巻
< 戻る <
>>
次へ
>>
ほぼ毎日酔いどれ映画祭日記 | 今日のロシア映画 | 西日本 | 松本支局 | 服部美術館
掲示板 | 資料室 | 特別企画 | ホームページ | チグラーシャ・クラブ |
電網店
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー