HomePage資料館映画祭日記服部美術館松本支局掲示板
ロシア映画社・西日本 2003年6月

れた日は菜園をし、の日は画に想いを巡らす
明治・大正期に日本で公開されたロシア映画

1914年

1914年(大正3年)
カウカサス紀行
Travelpictures in the Caucasus Round about Socni
 仏・パテ(ルシアンフィルム)作品
 色彩(シネマカラー)
 1913年発売
 1914/1/1金竜館封切
 336ft
 風景記録
 1913年の「カウカサス旅行」と似た題名の作品なので、シリーズものなのかもしれません。この頃は著作権といった考え方もなかったため、製作会社から正式に購入されたもの以外に、例えば上海や香港で入手した中古フィルムで興行されることもありました。同じ作品が邦題を換えて興行されることもありますし、製作会社自体が同じ作品をお色直しして別題名で発売するということもあったようです。
 35mm映画の1ft(フィート)は16コマで、サイレント時代の映写速度は、1ftがほぼ1秒にあたります。従って、336ftは、5分半ほどの映画ということになります。


漏斗の曲芸
Nobody the Knut
 露・エクユー作品
 出演
  サム・T・ブルスキー
 1914/3月下旬 キリン館封切

露国ジャルタの絶景(露帝の夏宮殿所在地ジャルタ市)
Jalta,Summer Residence of the Czar
 製作会社不詳
 1914/6月上旬 キリン館封切
 880ft
 風景記録


露国宮中の鹿狩り
Deer Hunting on the Easters of H.M. the Czar
 伊・チネス作品
 1914/9月上旬 富士館封切
 記録


ウラルの鬼
An Accursed Race(A Cossack Legend)
 露・ラモス作品
 1914/9月上旬 みくに座封切
 2650ft

HomePage資料館掲示板
ほぼ毎日酔いどれ映画祭日記服部美術館松本支局
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー