映画祭日記のトップ・ページへ戻ります 第19回モスクワ国際児童青少年映画祭

審査委員長同行者の記録
懸命に執筆中です!
1月2日(木)
「おばあちゃんの家」(配給:東京テアトル+ツイン) また、コンクール作品が上映される。この日のコンクール作品は、韓国の「THE WAY HOME」(2002年)と デンマークの「CATCH THAT GIRL」(2002年 Hans Fabian Wullenweber監督)。韓国の作品は、この時は、まったく知らなかったのだが、韓国で大ヒットし、既にアメリカでも公開され、日本では「おばあちゃんの家」という邦題で岩波ホールでの公開が決まっている作品だと、日本に帰って知らされた。監督の名もモスクワでは「Jeong-hyang Lee」と表記されていたのだが、「『美術館の隣の動物園』のイ・ジョンヒャン」と言われて漸く納得。岩波ホールでは3月29日からロードショー公開とのことである。
 夕刻、アエロフロートSU584便で我社の有能なスタッフが到着。早速に合流して、市内のグルジア料理店でロシアの映画監督ユーリー・カラ氏と共に会食する。
 カラ氏は、第2回東京国際映画祭に出品され、日本海で配給した「翌日戦争が始まった」の監督である。その後、2000年には、ロシアの宇宙ステーション"ミール"に滞在して劇映画を撮影する計画があり、その監督がカラ氏だ、というニュースが報じられて、我々を驚かせた。カラ氏によれば、この企画は、ミールの乗組員が撮影できるように技術の訓練も終えていたが、6千万ドルとも報道されていた製作費を英国のプロデューサーが集めることが出来ず、中断したままとのことである。チャンスがあれば何とか実現したいと語ってくれた。
ユーリー・カラ監督 実は、カラ氏の監督で日露合作映画を作れないかという話がある。「偉大なる王」と呼ばれたシベリアの虎(アムール・トラ)と大自然と人間が織りなすドラマだが、実現には過酷な大自然が立ちはだかり、何よりもお金もかかることだろう。
 このグルジア料理店は、昔から利用してきた。ソビエト時代、我々のような外国人が出入りできるレストランは、そう多くはなかった。思い出しても、モスクワで利用できたレストランの数は両手で数えられるほどだ。自由化されてみると、グルジア料理はモスクワでは結構ポピュラーなものだったと知ったが、選択肢の少なかった当時は、ロシア料理に飽きた賓客をもてなすのに都合が良かった。それに、大皿に盛られてテーブルを埋め尽くす様が、酒呑みには嬉しい。若い頃から飲んでいるので、舌が慣れているのかも知れないが、グルジアのワインほど美味しいものはないとも思う。
 この日、合流した我がスタッフとカラ監督は、1歳違い。国籍が違い、製作と配給の違いはあるものの、我らは映画で結ばれた同志だ。料理に舌鼓を打ち、映画への想いを語り、美酒の杯を重ねるのだった…
前のページに戻ります 扇さんの映画祭レポート
モスクワ国際児童青少年映画祭について
次のページへ進みます
ロシア映画社ホームページ
チグラーシャ・クラブ通信販売資料館松本支局西日本服部美術館

Copyright (C) 2003 RUSSIA EIGASHA
----------------------------------------------
WAKODO presents 岡崎ゆみ プレママ&ファミリークラシック
★無料体験から始めようインターネット学習『ショウイン』★
子供の心が見えていますか? 子育てと家庭教育のプロを養成する大学 八洲(やしま)学園大学
ECCのまるごとネイティブの幼児向け英語DVD教材できれいな発音を身につけましょう。無料サンプルDVDをプレゼント中!
◆◇◆ 自宅のお近くで、子供英会話教室をお探しの方 ◆◇◆
全国1,000教室以上の ― こども英会話のミネルヴァ ― なら、きっと見つかります。こちらから、お近くの教室を探してください!! あなたの町にも、きっとあります!
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー