<- 作品検索 ((・ Home Page ・)) 他のパンフレット ->
「ストーカー」(1981年10月31日発行)より転載
伏せる。教授と作家も座席で身を低
くする。
ストーカー(地に伏したまま)「伏せ
て! 静かに!」
路地の角
 モーターバイクの警備兵が姿を現
わすが、路地裏に止まっているジー
プに気づかず、立ち去る。ストーカ
ー、再ぴハンドルを握り、出発する。
線路沿いの倉庫
 ジープは倉庫の開け放たれた戸の
前に止まり、作家がジープを下り、
急ぎ倉庫を抜けて、反対側の道の様
子を覗いに行く。
ストーカー「誰もいませんか?早く
調べて下さい。」
作家(シープの方に戻りながら)「誰
もおらん。」
ストーカー(発車させながら)「そっ
ちへ回って。」
 シープが去ると、傍の線路をデイ
ーゼル機関車が通過する。
 倉庫の反対側に回って、作家を乗
せると、ジープは塵介が散らばった
通りを抜け、裏通りに出るが、また、
モーターバイクを見つける。
ストーカー(慌てて革をバックさせ)
「まずい!」
 警備兵が現われ、モーターバイク
に乗って去る。
路地
 ストーカー、建物の窓枠ごしに、
警備兵が去るのを認めると、ジープ
に引き返し、急ぎ発車する。
鉄道ゲート
 広く開かれた門。ディーゼル機関
車が通過した直後、横道から"レン
ドローバー"が現われ、機関車の後
に隠れてゲートを通る。
 怪訝な表情の鉄道員がジープを眼
で追いながら、金網の間を開じて、
立ち去る。
路地
 モーターバイクの警備兵が走り過
ぎる。
地下室
 廃墟と化した建物の地下室。三人
が乗ったジープが、中へ突っこむよ
うにして止まる。
ストーカー(下車しながら)「ここで
待ってて下さい。」
 ストーカー、地下室の奥の破れた
窓から外を見あげる。
鉄道ゲート
 線路を鉄道員が急いで走り去る。
地下室
 ジープに乗ったままの教授と作家。
ストーカーの声「ガソリン缶は?」
教授「持って来た。」
 教授、下車する。
作家(組み合せた両手を膝に載せ、
バーで交わした話を続けて)「さっき、
私が言ったことは全部でたらめです
よ。インスピレーションなんか関係
ない。何のために行くのか……。私
にも分りません。自分が何を望んで
いるのか、何を望んでいないのかが
明確でないんです。何か考えついて
も、その名を口に出すと、すぐ、氷
のように溶けて消えてしまう。私は
菜食主義者であるけれども、肉のう
まさは忘れられない。一体、私は何
を欲しているのか?」
教授(地下室の窓の方に歩きながら)
「世界制覇でしょ。」
ストーカー(振り返って)「静かに!」
教授(窓の外を見ながら)「機関革が
ゾーンに入る。」
ストーカー「監視所までですよ。そ
の先は恐がって、誰も行きません。」
監視所
 警備員が一人、線路を走り去る。
遮断機が上がる。投光器が明るくな
り、ディーゼル列車が進入してきて、
停車する。両側から警備員たちが集
って来て、機関車や無蓋貨革を取り
囲んでいる。
警備員の一人「配置につけ。」
地下室
 外の様子を見ていたストーカー、
急ぎジープに引き返し、数授も慌て
て跡を追い、ジープに乗る。
ストーカー(教授を急かし)「早く。」
 ジープは監視所に向って発革する。
監視所
 監視所を通過するディーゼル列車。
その陰に隠れるようにして、"レンド
ローバー"が走って行く。ジープに
気づいた警備兵の銃が火を噴き、サ
イレンが鳴って騒然となる。
射撃を受けた無蓋貨革は、積荷の
陶器の碍子が次々と砕け散る。
なお射撃は止まず、碍子が砕け落
ちて、電線がぶらぶらしている。
廃墟の建物
 二人が乗車したジープは、警備兵
の射撃を除けながら、もはや廃墟と
なった建物のなかを早いスピードで
逃走する。
石油貯臓所
 ジープは荒れはてた石油貯臓所の
前で停車する。
ストーカー(作家に)「見てきて下さ
い。軌道車が線路にあるかどうか。」
作家「軌道車?」
 作家は言われるままにジープを下
り、草の茂みを掻き分けて、軌道車
の方へ行く。
 だが、射撃の音にひるみ、草叢に
身を伏す作家。
 リュックを手にした教授、周囲を
警戒しながら、草叢に忍び寄って来
る。
教授(作家に)「私が行きます。」
 教授はあちこちに水溜りのある、
荒れすさんだ廃墟を、足元を気づか
いながら進む。
 水溜りに警備兵の射ちこんだ弾が
落ち、波紋が浮かぶ。
 軌道車にまでたどりつくと、教授
は手を振って二人に合図する。"レン
ドローバー"が軌道車の近くまで
来て止まり、ストーカーと作家が下
車する。
ストーカー「ガソリンを。」
 ストーカーと、片手に袋、片手に
ガソリン缶を持った作家が軌道車に
走り寄って来る。
 ストーカーがまず、軌動車に乗る。
作家「荷物は要らんでしょう。」
教授「散歩じゃありませんよ。」
ストーカー「もし、弾に当ったら、
騒がずに引き返すんですよ。見つかれ
ば本当に殺されてしまいますから。」
 ストーカーが軌道車のエンジンを
かけ、教授と作家も乗る。
軌道車
 塵捨て場や、壊れた建物がえんえ
んと並ぶ荒涼たる境界地帯を進んで
行く軌道車。
 監視所の方を見つめる作家の横顔
のクローズ・アップ。
作家「追ってこないか?」
ストーカーの声「警備兵だって恐が
つていますから。」
作家「誰を?」
 作家の顔にうっすらと涙の跡が見
える。
 周囲に気を取られている風情の教
授の顔、つづいて、前方に注意を集
中しているストーカーの顔のクロー
ズ・アップ。
 やがて軌動車は湖の傍を過ぎる。
 作家がまどろんでいる横顔のクロ
ーズ・アップ。周囲は森閑として、
軌道車の規則正しい音だけがこだま
している。
 緊張した面持ちのストーカーのク
ローズ・アップ。
 再び、まどろんでいる作家の顔の
クローズ・アップ。目を覚ますと、
今度はゾーンの方向に目をやる。
ゾーン(カラー画面となる)・
 緑の本立が鮮やかなゾーンヘと延
ぴている軌動車の線路。木立ごしに
川の流れが見え、そこここには電柱
が倒れかかっている。
 二人は一瞬、息づまるような思い
で緑深い光景に眺め入っているが、
各々、思い思いにゾーンに下り立つ。
ストーカー「さあ、着きました。こ
の静けさ。ここが一番ですよ。いま、
ご案内します。きれいな所で、人ひ
とりいません。」
作家「私らがいる。」
ストーカー「三人では何も変らんで
しょう。」
作家「変えられるさ。」
ストーカー「おかしいな。花の香り
がしない。あなた方にはどうですか?」
作家「沼地の匂いがする。」
ストーカー「向うに川があるんです。
ここには花壇もありましたが、ジカ
プラスが踏みにじって。でも花の香
りは何年も残ってたんですがね。」
21

「ストーカー」パンフレット(1981年発行)より転載 <- 前へ 次へ ->
HomePageソヴェート映画史−七つの時代資料館
服部美術館チグラーシャ・クラブ掲示板通信販売松本支局
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー