ロシア映画社>特別企画>サンクト・ペテルブルグを巡る映画紀行>文学に描かれたサンクト・ペテルブルグ

映画「アンナ・カレーニナ」日本初公開時に寄せられた賛辞
岩崎 昶(映画評論家)
 ロシア製の、ホンモノの、生一本の「アンナ・カレーニナ」で、これまでの最高である。
中村白葉(ロシア文学者)
 これまでの映画にない原作への忠実性が見てとられて、それが大きな魅力になっている。
小森 和子(映画評論家)
 タチアナ・サモイロワはロシア貴族の優雅さと妖艶さが匂うばかり。これを見ずして「アンナ・カレーニナ」を語るなかれです。
野崎 韶夫(ソ連学者)
 現代映画のもつ可能性を縦横に駆使して、トルストイの世界をスクリーンの上に再創造したもの。
黒田 辰男(ロシア文学者)
 『戦争と平和』に勝るとも劣らぬ驚異的な作品です。
戸坂 康二(演劇評論家)
 何という実在感に充ちた作品であろう。トルストイの作中の人物が、生きて観客の前にあらわれる。
やなせ たかし(漫画家)
 おそらく現在望み得る最高のアンナ・カレーニナ。
品田 雄吉(映画評論家)
 「アンナ・カレーニナ」の映画化としては、やはり"決定版"といえるものでしょう。
佐藤 忠男(映画評論家)
 重厚で優雅な「アンナ・カレーニナ」でした。
山田 和夫(映画評論家)
 まぎれもなくトルストイのアンナが息づき、原作を追いながらあくまでも視覚的な映像化に徹している。
< 戻る <
>>
次へ
>>
ほぼ毎日酔いどれ映画祭日記 | 今日のロシア映画 | 西日本 | 松本支局 | 服部美術館
掲示板 | 資料室 | 特別企画 | ホームページ | チグラーシャ・クラブ |
電網店
最新のエステを体験!トライアル予約受付中!お申し込みはお早めに!
プレマリ.COM
結婚・出逢い本気の恋をするなら「プレマリ」がお薦め!今なら何と、登録無料!!
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー