ウラジオストック2007年9月(3)
扇 千恵
キラ・ムラートワ監督
『長い見送り』(1971) 今回のウラジオストック映画祭に参加した大きな収穫の一つは、キラ・ムラートワの健在ぶりを確認できたことだった。彼女の作品『短い出会い』(1967)『長い見送り』(1971)が共にペレストロイカ後の1987年になってようやく上映を許可されたというコメント付きで初めて彼女の作品を観た私にとっては、何よりもまずそういった彼女の作家性の方に心を奪われてしまった。この2作品については、他の作品と同様になぜ20年もオクラいりになったのか、日本での上映当時も今も私には分からない。次に観た作品は『無気力症シンドローム』(1990)で、1991年に銀座テアトルとキネカ錦糸町で開かれた「ソビエト女性映画人週間'91」で彼女が来日講演すると知り、わざわざ上京した。

『無気力症シンドローム』(1990) 噂にたがわず無愛想な物腰だったが、過激で本質的な発言をする人だという印象は私の中でますます強められた記憶がある。ペレストロイカによって初めて製作可能になったと言われたこの作品は、ソビエト社会そのものの無気力症を一人の学校教師の存在をその象徴として描いたと言えるが、このときも話題になったのは「ラストの地下鉄内における婦人の独白はロシア語の最も下品な言葉をつらねたものとして、反対者の怒りが集中した」という内容だった。残念ながら私は字幕付きであれ、これらの批判を理解するだけの語学力に恵まれていなかったし、今も変わらない。この作品はベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞している。

 1997年、モスクワ映画祭に参加したとき偶然彼女の新作『3つの物語』を観ることができ、おまけに会場間を往復するバスの中で監督自身と隣り合わせになった。しかし、せっかくのチャンスにもかかわらず、言葉が出てこなかった私は会釈しただけだったと思う。小柄でおとなしい感じの人だった。しかし、その印象とは裏腹に作品の過激だったこと。3つの物語とは3つの殺人の話で、しかもそれぞれが異常で残酷だった。特に、10年たった今でもはっきり覚えているのは、足の不自由なお爺ちゃんと留守番をしていた5歳位の女の子が、1人で外へ出てはいけないというお爺ちゃんの注意がうるさくて、ネコイラズでお爺ちゃんを殺害する話である。この祖父を演じているのがかの有名なオレグ・タバコフだったので驚いた。もうひとつ、子供の出来ない若い女性が産院で出会った中絶希望の女性を殺す話。この若い女性を演じているのが、ロシアの女優の中でも個性的な美貌の持ち主で、現在ではトップスターであると同時に監督も手掛けているレナータ・リトヴィノーヴァである。ムラートワの作品の常連でもある彼女は、今年私がウラジオストックで観た最新作『Two in one』(2006)でも主役の一人として登場する。

 さて、この話も初演の直前に舞台上でピエロの衣装を着て首つり自殺をした一人の俳優の姿が発見されるところから始まる。またもや「死」である。舞台の床面に下ろされた死体は、しかるべきところに運ばれる訳でもなくそのまま放置され、開演準備に忙しい俳優やスタッフたちが死体のそばを行ったり来たりする。そして開演である。舞台上の世界であるはずが、カメラはそのまま俳優について劇場の外へ出て行き、話はどんどん展開する。メインのストーリーは娘と近親相姦の関係にある初老の男が、その娘にも嫌悪され、彼女の友人(レナータ)と3人で一夜を過ごすややこしい話である。最初の舞台上の死体とは全くつながりがない。「あなたの作品は決して感動を呼び起こすことがありませんね」というインタビューに対してかつて彼女は次のように答えている。「それは、自分をも含めて人間が、私にとって嫌なものになったからです。人間は死んでこそ、別の存在になり得るのです。これは救いようのない悲観的な考えでしょう。これは生に反することです。人々は生きることを望んでいる、それなのに私は非在を訴えているようなものですから……私は映画を撮るのが好きなだけです。ただ、もし撮影するのなら何かに従って撮る必要があるでしょう。そこで私は私の中にあるものに従って撮っているのです。しかし、あなたが作品は厳しく、残酷だと言うとき、何を意味しているのか分りませんね……私は外形的にはこれ(『無気力症シンドローム』)は充分に愉快な作品だと思います。」現在73歳の彼女はますます健在である。
▲映画「Two in one」(2006)
前のページに戻る
ウラジオストック映画祭審査員を務めて…
次ページへ進む

特別寄稿[ソヴェート映画史 七つの時代]の出版記念パーティー
『ソヴェート映画史 七つの時代』著者の日本滞在記
モスクワ国際児童青少年映画祭レポート "鉄の女"と呼ばれた審査委員長

ほぼ毎日酔いどれ映画祭日記
ロシア映画社ホームページ電網店資料館映画祭追想録松本支局服部美術館西日本
Copyright (C) 2007-2008 Chie OOGI / RUSSIA EIGASHA

キノコとあそぶ ヘテロソフィア


 
ロシア映画ファンサイト  ロシア映画DVDコレクション  DVD「妖婆 死棺の呪い」を巡って
明治・大正期に日本で公開されたロシア映画  円は異なもの?! 西下外語教室
無声映画を革命する男 無声映画のピアニスト 舞台俳優・藤川修二の世界
ポイントサイトでがっちり稼ぐ! まだまだありますポイントサイト! 現金が当たる!プレゼント情報!!
あなたには強〜い味方がいます!就職・転職活動応援サイト  Get Love!!恋人募集から大人の出会いまで
 ◎注目のオークション  ネットショップ故知系  楽天市場 温故堂  bidders 温故堂  e−蛾羽娘? ン、ムッ!
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー