第7回 ウラジオストック映画祭便り 扇 千恵
ユール・ブリンナーの息子、ロック・ブリンナー ここで第7回ウラジオストック映画祭の受賞作品について報告しておこう。
 最優秀男優賞はイェー・ユー・ジュ(『グッドバイ』中国)、最優秀女優賞はキム・コビ(『ブレスレス』韓国)、最優秀監督賞はショーン・ベイカー(『ブロードウエイのプリンス』アメリカ)、審査員賞は『分裂』(インド)、短編グランプリは『燃料缶』(オーストラリア、ジュリウス・エイヴェリー監督)、長編グランプリは『ブレスレス』(韓国、ヤン・イク=チュン監督)という結果だった。

 この一文も終わりに近づいてきたところで、映画祭のゲストのなかから数名を紹介しておきたい。毎年アメリカから招待されているのが、ウラジオストック生まれの俳優、ユール・ブリンナーの息子であるロック・ブリンナー。大学の教授で、この映画祭には欠かせない人物。ようやく私の顔も覚えてくれたようだ。

故ワシーリイ・シュクシンの娘、マリヤ(女優) クロージングの司会を務めたのは、故ワシーリイ・シュクシンの娘、マリヤ(女優)だった。シュクシンは作家としても、俳優(特に『赤いカリーナ』)としても、また映画監督(故タルコフスキイと映画大学での同期生)としても素晴らしい作品を残し、ソ連時代多くの国民に文字通り愛された人で、私は彼の短編小説も、映画も大好きだ。残念ながら45歳で亡くなったが、妻も女優(『赤いカリーナ』で共演)で、しかしながら娘が女優だとは知らなかった。

 今回、彼の生誕80周年を記念して、マリヤが友人と撮ったドキュメンタリー・フィルム『私のパパについて話して』(2009年)が上映された。しかしながら、他用のため、まことに残念なことに私はこの作品を観ることができなかったのだ。今回の映画祭での最大の悔いである。
・ウラジオストック鉄道駅  ・ウラジオの友人たちと     ・灯台のの向うはルースキー島
前のページに戻る
次のページに進む
ウラジオストック映画祭審査員を務めて…
ウラジオストック2007年9月
特別寄稿[ソヴェート映画史 七つの時代]の出版記念パーティー
『ソヴェート映画史 七つの時代』著者の日本滞在記
モスクワ国際児童青少年映画祭レポート "鉄の女"と呼ばれた審査委員長

ほぼ毎日酔いどれ映画祭日記
ロシア映画社ホームページ電網店資料館映画祭追想録松本支局服部美術館西日本
Copyright (C) 2009 Chie OOGI / RUSSIA EIGASHA

キノコとあそぶ ヘテロソフィア


 
ロシア映画ファンサイト  ロシア映画DVDコレクション  DVD「妖婆 死棺の呪い」を巡って  円は異なもの?!
 Ru-Tube服部画伯的動画  明治・大正期に日本で公開されたロシア映画  西下外語教室
無声映画を革命する男 無声映画のピアニスト 舞台俳優・藤川修二の世界
ポイントサイトでがっちり稼ぐ! まだまだありますポイントサイト! 現金が当たる!プレゼント情報!!
あなたには強〜い味方がいます!就職・転職活動応援サイト  Get Love!!恋人募集から大人の出会いまで
 ◎注目のオークション  ネットショップ故知系  楽天市場 温故堂  bidders 温故堂  e−蛾羽娘? ン、ムッ!
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー