ロシア映画社>特別企画>サンクト・ペテルブルグを巡る映画紀行>文学に描かれたサンクト・ペテルブルグ

映画「ドストエフスキーの生涯の26日」
 モスフィルム・1980年製作

[スタッフ]
 脚本:V・ウラジーミロフ
     P・フィン
 監督:アレクサンドル・ザルヒ
 撮影:ウラジーミル・クリモフ
 美術:リュドミーラ・クサーコワ
 音楽:イラクリ・ガベリ

[キャスト]
 ドストエフスキー:
    アナトーリー・ソロニーツィン
 アンナ・スニートキナ:
    エフゲーニヤ・シーモノワ
 アポリナーリヤ・スースロワ:
    エヴァ・シクリスカ

 スタンダード / カラー
 上映時間 1時間20分
 1980年にドストエフスキー没後100年記念としてモスフィルムで製作された映画「ドストエフスキーの生涯の26日」は、文豪の伝記映画ではありませんが、作家の横顔を伝える珍らしい作品です。
 この映画では、1866年秋、既に妻や兄を亡くし、膨大な借金を抱えて、しかも、悪質な出版業者と交わした原稿の締切期限を目前にして窮地に追いこまれたドストエフスキーが、のちに夫人となった速記者アンナ・スニートキナと出会い、彼女の手助けで小説「賭博者」を完成するまでの26日間を描いています。そしてこの映画は、偉大な作家が小説「賭博者」を構成していく過程を再現しながら、同時に、愛人アポリナーリヤ・スースロワヘの情熱的な愛に溺れ、一方では賭博に身を狂奔させていた時代の天才作家ドストエフスキーの一側面をもの語っています。
 監督は「アンナ・カレーニナ」で知られる巨匠アレクサンドル・ザルヒ。ドストエフスキーには「アンドレイ・ルブリョフ」「惑星ソラリス」で知られたアナトーリー・ソロニーツィンが扮し、天才作家の複雑な内面表現にも迫真の演技を見せます。
 この映画は、1981年ベルリン国際映画祭男優賞受賞を受賞しました。
< 戻る <
>>
次へ
>>
ドストエフスキーとサンクトペテルブルク  「罪と罰」  ドストエフスキーの生涯の3人の女性
ゴーゴリの「外套」  ゴンチャロフの「オブローモフ」  トルストイの「アンナ・カレーニナ」
歴史と文化の都サンクト・ペテルブルグ 映画の都 レンフィルム
今日のロシア映画 | 西日本 | 松本支局 | 服部美術館 | 西下外語教室
掲示板 | 資料室 | 特別企画 | ロシア映画社 | チグラーシャ・クラブ | 電網店
チェーホフ歿後100年レトロスペクティヴ
ほぼ毎日酔いどれ映画祭日記  ウラジオストック映画祭便り
ロシア映画DVDコレクション ロシア映画ファンサイト ロシア映画新着情報
明治・大正期に日本で公開されたロシア映画  映画「妖婆 死棺の呪い」のDVDを巡って
とってもかわいいロシア映画「こねこ」公式サイト  少年少女20世紀科學讀本 特集 ロシア宇宙探検
NEW弁士 藤川修士  無声映画のピアニスト  舞台俳優・藤川修二の世界
 「円」は異なもの?!  差の出る!翻訳ソフト活用術  映画故知系
◎注目のオークション  ネットショップ故知系  楽天 温故堂  bidders温故堂
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー