ロシア映画社>特別企画>サンクト・ペテルブルグを巡る映画紀行>文学に描かれたサンクト・ペテルブルグ

 そんな中、ドストエフスキーは1862年の秋頃から、「時代」の寄稿者であっアポリナリヤ・スースロワた女子学生のアポリナリヤ・スースロワに熱をあげるようになっていました。アポリナリヤは、この時代のインテリの風潮ともいうべきニヒリズムを信奉する自尊心の強い女性でした。20歳も年の離れた彼女に、ドストエフスキーは振り回されて、愛憎が交じり合った苦しみを味わいます。1863年の春には、「時代」が発行禁止の処分を受けてしまい、行き詰まったドストエフスキーは、アポリナリヤの後を追って、ヨーロッパに旅立ちます。しかし、それはまた、愛欲と嫉妬の日々でした。その苦しみから逃げ出そうとしたのか、ドストエフスキーは、とり憑かれたように賭博にのめり込んでしまいました。
 この旅行から帰ると、妻マリヤの病状は悪化し、精神錯乱状態になっていました。翌年の春、マリヤは死んでしまいます。さらに6月、今度は兄のミハイルが死にました。ミハイルは莫大な借金を残していました。その返済は、ドストエフスキーに委ねられることになってしまいます。
映画「ドストエフスキーの生涯の26日」より 1866年、借金に追われまくり、ドストエフスキーはサンクトペテルブルグにもほとんどいないような生活でしたが、『罪と罰』の連載をはじめます。しかし、その年の秋、ドストエフスキーは窮地に追い込まれることになります。
 その1年前、ドストエフスキーは、悪質な出版業者のステロフスキーと過酷な契約を結んでいました。それは、その出版社から借金をする見返りに、1866年11月までに、新作の長編を書き上げないと、違約金を支払うだけでなく、ドストエフスキーの今後のすべての著作権を永久的にステロフスキーが所有する、というものでした。
< 戻る <
>>
次へ
>>
ドストエフスキーとサンクトペテルブルク  「罪と罰」  「ドストエフスキーの生涯の26日」
ゴーゴリの「外套」  ゴンチャロフの「オブローモフ」  トルストイの「アンナ・カレーニナ」
歴史と文化の都サンクト・ペテルブルグ 映画の都 レンフィルム
今日のロシア映画 | 西日本 | 松本支局 | 服部美術館 | 西下外語教室
掲示板 | 資料室 | 特別企画 | ロシア映画社 | チグラーシャ・クラブ | 電網店
チェーホフ歿後100年レトロスペクティヴ
ほぼ毎日酔いどれ映画祭日記  ウラジオストック映画祭便り
ロシア映画DVDコレクション ロシア映画ファンサイト ロシア映画新着情報
明治・大正期に日本で公開されたロシア映画  映画「妖婆 死棺の呪い」のDVDを巡って
とってもかわいいロシア映画「こねこ」公式サイト  少年少女20世紀科學讀本 特集 ロシア宇宙探検
NEW弁士 藤川修士  無声映画のピアニスト  舞台俳優・藤川修二の世界
 「円」は異なもの?!  差の出る!翻訳ソフト活用術  映画故知系
◎注目のオークション  ネットショップ故知系  楽天 温故堂  bidders温故堂
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー